ソニーにデジタルの製品の領域の振る舞いが足りないで注目される、しかし全部科学技術の業界内にここ数年依然として、はその設計能力がやはり(それとも)馬鹿にできないとても高い声望がありますが。出したことがあってことがあるE―Lnk腕時計は人を驚かせます。この製品はわりに低い消耗の電子のインク技術を使って、足りない知能しかし、普通の腕時計と全く異なる、とても面白い設計。

今ソニーはCES展会の上で第二世代の製品を展示して、第二世代E―Lnk腕時計はまた(まだ)FESの命名の方法に続きが、でもまだただ原型、決してバージョンを量産するのではありません。ソニーは表示の適切な会がなくて第二世代E―lnk腕時計を販売して、第1世代の製品が制限して生産するのため、だから今回の消費市場はソニーの大きいがの量産することができるのを望んで、かつ世界市場で供給します。

新しい製品は同時に推し進めて厚さ更に薄くなって、その上また(まだ)カラーの効果を備えます。FES腕時計の現在のところは茶褐色、青いとグレーなどの多種の色が発生することができます。

ソニーの第二世代E-Lnk腕時計の原型は見得を切ます