盛んな刺し縫いする海は材質のブランドDNAを遊ぶことが好きで、以前に作ってことがあるクラシックが現れて、青銅の最盛期にやはり(それとも)それから誕生する5Npt赤い金あるいはPanerai Compositeが陶磁器を合成して、はこれらの代表的作品がすべて確かに盛んな刺し縫いする海の自身のブランドの内包に深まって、は今回のLuminorMarinaの1950シリーズPAM00661は、殻の使ったCarbotech炭素繊維の複を表して材質に相当する更に人を気に入って手放せなくさせます。ブランドの歴史に上下をひっくり返して、Carbotech炭素繊維の複が物に相当して初めて現れるのではないがと推測して、最初2015年Luminor Submersible 1950シリーズPAM00616体で現れて、その時とても劇Carbotech炭素繊維の複を奪い取って材質に相当して、その製のため程関係、現れて腕時計の体ごとににすべて尽きなくて同じしわがあって、Carbotech炭素繊維のため複が材質に相当するのは炭素繊維の薄片からハイテクの重合体PEEK(PolyetherEtherKetoneがエーテルの洞穴に集まる)を利用するので、また特定の温度の高圧で完成を圧縮して、一つの炭素繊維の薄片ごとに使って圧縮をどんどん加えるのブライトリングコピーためなって、角度の相違のため異なる肌のきめとしわが現れて、機能上で表現して、その複が材質に相当して比べて界のよくあるチタン金属を表すだけではない陶磁器の材質ともっとしなやかで、同時に防食、低い感作性を兼備しておよび外来の妨害の効果を防ぎ止めて、簡単で、このような物は体を表す体を使うのが共勝ちの結果だと推測して、外形と機能を兼備します。

針の設計は盛んな迷う目の裡でずっととても人気があってとても人気がある一つの元素で、特にPAM00661はまた(まだ)ブランドの独占的なCarbotech炭素繊維の複を使って物に相当して推測して、9時の位置の青い小さい秒針によく合って、この良い売れ行きの人気発売を予想することができます。

盛んな刺し縫いする海のとても殺すCarbotech炭素繊維の複は物に相当して推測します