今年はオメガの小皿がシリーズの腕時計の誕生50周年を飛ぶのです。金禧に当たる時、オメガ(OMEGA)の誉れは3枚の全く新しい小皿を発表してシリーズの50周年紀念の腕時計を飛んで、このが一里塚の意味の重要な時間がありを祝います。

1967年、オメガの小皿はシリーズの腕時計を飛んでひとたび出したなら、すぐその精密で正確なチップに頼って運行してと創意の優雅な設計を高く備えて注目したのになって行って、そのシンプルで細かくて薄い外観、人に一目ぼれをさせます。あの時から、オメガの小皿はシリーズの腕時計のきんでていて巧みで完璧な表を作成する技術と味わいがあって人を魅惑するデザインを飛んで、便はしっかりと人々の心の中で彫り刻みます。

小皿を受けてその通りにしてシリーズの内在する精髄を飛んで、オメガの小皿はシリーズの50周年紀念の腕時計を飛んで復古のすばらしい外観を持ってそして並外れていて精密で正確なチップを搭載しました。

全く新しい18のK赤い金が殻を表す直径を表すのは39.5ミリメートルで、殻を表してと冠を表して皆18K赤い金の光沢加工から製造してなって、背を表して垂直の艶消し処理を経て、浮き彫りは時間の神Chronos図案があって、そして彫り刻んで“DEVILLE”と“50thANNIVERSARY”の字形があります。

腕時計の白色のエナメルの時計の文字盤はとてもまばゆくて、濃い灰色のエナメルの復古するアラビア数字の目盛りと“軌道式”の内で分の小屋は時計の文字盤もっと人目を引いて、その中はオメガが復古して霊感を表して啓発を受けて、12時位置が赤色のエナメルを採用した時表示して、そして15、45と60分でつきあって赤色のエナメルのひし形の図案に飾りを添えて、細部は最も意図を現します。円形のカレンダーの窓口設置は分で6時の位置を閉じ込めて、眼の玉を書き入れるペンと言えます。

18K赤い金のポインターは皆ダイヤモンドの光沢加工から磨き上げて、時計の針と分針にシンプルな中で更に現すのが立体で優雅にならせます。同時に、腕時計は茶褐色の皮バンドを配備してそして18K赤い金によく合ってボタンを表します。

今まで、オメガの小皿はシリーズの腕時計を飛んですべて業界のリードするきんでているチップを搭載します。このパネライコピー伝統を踏襲して、この全く新しい時計算してオメガの2500軸のチップを搭載しますと。このモデルが自動的に鎖のチップの技術に行くのが巧みで完璧で豪華で、オメガの並外れている表を作成する技術が現れました。

オメガは小皿のためにシリーズの50周年紀念の腕時計を飛んで3年続くアフターサービスを提供して保証します。全く新しい腕時計は2017年3月の初めにオメガのフラッグシップショップで発売します。18K赤い金のモデルを除いて、このシリーズはまた(まだ)18Kプラチナのモデルと18K黄金のモデルを出すでしょう。

1967年にこの腕時計が誕生してから、オメガの小皿はシリーズを飛んですぐブランドの独立のシリーズの中の一つになります。これは完璧に第ひとつのセイウチのシリーズの小皿を踏襲して1962年に腕時計設計の風格のすばらしい時を飛んで計算して565動力のチップを搭載して、そして初めては単独で”DeVille”字形を時計の文字盤の上で扮して、この時からオメガの小皿がシリーズの正式を飛んで誕生を示します。

オメガは全く新しい小皿にシリーズの50周年紀念の腕時計を飛ぶように出します