1969年7月20日(米国東部時間)、アポロンが11号(日)月の表面をログインする時、ケネディの偉大な志はついに現実になって、若いグラムのルーニーは自分の裏庭の中でこの偉大な時間を目撃証言しました。彼と父が同時に存立する頭をもたげる15夜の月時、彼は英雄の間の珍しい連絡、まるで自分でまっすぐだと彼らとと一緒に新世界に踏み出す第1歩をまたがりだしと感じます。関心を持つ宇宙飛行士を受けるとように、グラムのルーニーの父の手首の間でも1枚のオメガの腕時計をつけています。

事実上、グラムのルーニーは今なお依然として那枚オメガの腕時計を保留しています。グラムのルーニーの父の聞いたことの彼の息子がオメガと協力している時、彼は自分のオメガの腕時計を1グラムのルーニーに贈りました。

“彼はこれを屋根裏部屋の上で20年の腕時計に秘蔵して取ってきて、”グラムのルーニーは言って、“そしてそれに弦に行って、腕時計はすぐさま行き始めました。それは1つのきわめて特別な時間です。この私の父の手の行く腕時計も私の成長を目撃証言しました。”

“その時すべての子供はすべて宇宙飛行士がオメガの腕時計をつけているのを知っていて、”グラムのルーニーは道を思い出して、“私で過程で成長して、オメガは絶対に宇宙計画の中で重要な一部分です。オメガを話題にして、みんなは精密で正確な時間単位の計算を思い付いて、だから宇宙に参与してオメガの自然とやり遂げる事であるようなことを計画します。”

しかしその時のグラムのルーニーは決して知っていたのでなくて、オメガはとても腕時計の最初の設計を奪い取って決して宇宙ではないをの予想して探求して、全く異なる目的を持っているのです。そのロレックススーパーコピー命名からすぐ知っていることができて、それはスピードのために生むのです。60年前にとても腕時計を奪い取って初めて見得を切る時、それは宇宙船のために決してつくるのだではなくて、競技用の自転車のオーダーメイドのためです。

オメガはとても腕時計を奪い取ってひとたび発表されたなら、すぐさま専門の競技用の自転車の手でセンセーションを引き起こしました。それの頑丈な構造は強烈にの振動と衝突を防ぎ止める同時にそれをさせて、さらに精密で正確な時間単位の計算を維持します。閉じ込めるスピードを測る目盛りを表すおかげで、運転手達を競って以前に比べて更に気楽にすべての一サークルのスピードを読み取ることができます。とても腕時計を奪い取るのが機能を備えてのその時にあるいまだかつてなくて、かつ設計、丈夫さがあるいは腕時計機能なのにも関わらずの方面に、とても腕時計を奪い取ってすべて一回の重要な革新と言えます。

同じくこの特徴のため、オメガにとても腕時計を奪い取ってなって宇宙の探求するとてもすばらしい時計算させる、そして、1965年の後のアポロン計画の中で、一人一人の宇宙飛行士の入りに付き添う宇宙の忠実なパートナになります。

オメガにとても腕時計を奪い取ってなって宇宙の探求するとてもすばらしい時計