その他に、今年もフランスの腕時計のヘルツのベルリン(MichelHerbelin)の創立70周年(1947―2017)で、だからヘルツのベルリンは特に今回の展会の上で1ヘルツのベルリンの70周年紀念版の腕時計を出して、そして霊感の1947と命名します。特に設計の霊感が20世紀に1ヘルツのベルリンの創始者のミッシェル・ヘルツのベルリン先生に生まれて40~50年代の初期創作するのを紀念して、全世界は500制限します。

丸いテント式は時計の文字盤を大きくして金属の針金をつくる太陽の紋様を飾って、金めっきする光沢の質感は小屋を表して、立体の金めっきの錐体形の目盛りはトフィーの針によく合って、小さい3針の設計はシンプルですばらしくて、茶褐色のベルトはあたたかい昔を懐かしむ息を配ります。敬意を表して向こうへ行って、これまでと少しも変わらない表を作成する技術を受けてその通りにして、時間のノンワイヤーのパテックフィリップコピー腕時計を鋳造して、創立する初めから永久不変のしっかりと守る追求を1ヘルツのベルリンのです。

ヘルツのベルリンの70周年紀念版の腕時計