ワシが透かし彫りであることを彫刻してと実際には違いがあって、すかし彫りが更に直観的だと言います

言い方をかえるのは恐らく少し直観的で、ひとつのはすかし彫り(これ必ずしなければならない手製で)と言いますひとつのはサイドオープン(これがプレハブ式で作ることができる)と言いますすかし彫り、フランス語の本来の意味(意図)は比較的正確で、ajourトを言って、中国語を訳してサイドオープンを言います。骨格はSqueletteです。これは2つの異なる意味の語彙で、とても明らかに大雑把な表現が好きな人に統一して透かし彫りになったになりにあげられます。私は私の読者が今後この2種類の技術をはっきり見分けることができるのを望みます。

うわべだけ言って、チップの上の添え板はすっかり理解したのがすべてサイドオープンを言うことができるのです。伝統の上でサイドオープンのチップは元からあるチップの添え板上たすきのこなどの道具を使うに切って一部の金属を切り落とすのです。技術の発展(例えばデジタル化のマシニングセンタ)に従って、一部の時計工場は設計のチップの時、透かし彫りの場所が描いてくるが必要なのを、添え板を加工する時サイドオープンを実現することができます。更に近代的なのが法を遊ぶのは、改めて設計する時透かし彫りの添え板の配置、それによって最適化する透かし彫りの構造を実現します。

気分が良い品物(Luxury)の重んじる文化が伝承するのを笑って、高級の腕時計は遊ぶの伝統です。最も伝統の透かし彫りの腕時計、自然なののは手作りが作ったのです。手作りを言って、しかしこのブランド時計コピー手作りは一体どこに用いますか?或いは、どんなの場所は手作業で更に価値を現しますか?このような思考を持っていて、私は今年のバーゼルの時計展(BASELWORLD)の上で1つの具体的な実例を発見しました。

ワシが透かし彫りであることを彫刻してと実際には違いがあっ