チュードルは改めて腕時計の伝統の用途を演繹して、そして最新の出す時計のモデルの中で応用を革新します。フランス海軍は例えばチュードルに供給の時腕時計のために腕時計のバンドを配備する必要はないように求めのでことがあって、彼らの既存の自分の腕時計のバンドのため、手製で作る腕時計のバンド、その他の特色の腕時計のバンドを含みますおよび。その中の1初期の腕時計はとても特別で、その腕時計のバンドは弾力性の織物で製造して、この弾力性の織物はフランス救援隊の落下傘から来て、再生を回収してなります。この歴史的意味をかなり備える腕時計のバンドは機能だけではないがのきんでていて、その中央の黄色の絹糸は人にぼんやりと原本を出す用途を弁別することができて、チュードルはそれから手元(体)に正に霊感をくみ取るで、製作出チュードルは開けて青玉の湾の古い銅の1本の米の茶褐色のジャカードの織り帯を被ります。開けるのと(Heritage)シリーズを被って同じ流れを汲んで、この時計のモデルはまた(まだ)古代のものの模造の茶褐色の皮バンドを配備して、その斜角の切断技術、更にその質朴簡素な風味を現します。

伝統の腕時計のバンド