タイ格HOYA(TAGHEUER)は今年全く新しいAutaviaシリーズの腕時計を出して、この霊感は伝奇的な結ぶリストのモデルに源を発して、新世代の探検家のために行って改めて演繹します。全く新しいTAGHeuerAutaviaシリーズの腕時計は大幅な表を作成する技術と先進的な科学技術に解け合って、1モデルの革新の振動子の“ISOGRAPH”を研究開発しだします:炭素の複合繊維材料の空中に垂れる糸を採用してとからだの注文して作らせる平衡を量って車輪を並べて製造して、並外れている精密で正確な度を維持することができます。

チャールズ・エドワード・HOYA(Charles-EdouardHeuer)から1933年に第一機自動車と飛行機のために設計したゲージ板のサイクルコンピュータを発明して、そしてそれをAUTAVIA(自動車の“AUTomobile”と飛行器の“AVIAtion”の略語の合成から)に命名します。その時の時計の文字盤があまりはっきりしていないのため人を大いに失望させて、ジャック・HOYA(JackHEUER)決定しますAutaviaを作り直してになるつける計略の上でそしてでよく合う回転する表す小屋の時間単位の計算積み重ねる時計。ここから会社の歴史の上で最も重要な腕時計の中の一つは才能がすべて現れます。“それが大胆で、近代的で、流行して、はっきりしてい読みやすい”。あの時から、Autaviaは設計と技術の方面で絶えず古きを退けて新しきを出して、Heuer“三大支柱”の中の特に優秀なるものだと誉められます。

異なる材質と分類の腕時計の中で、青銅の材質、緑の皿、陶磁器はこのいくつ(か)の元素の腕時計を閉じ込めて消費者の歓迎を深く受けられます。まず青銅の材質から見に来て、復古風のが盛んに行われるのに従って、多くの人は好きになって時間、環境変化の青銅の材質によってモデルを表します。緑色、“緑必ず火に会う”の言ったのを言う文の話があるのは表を作成する業界の中で、緑色の地位です。陶磁器の材質の更に堅固な耐磨耗、そのためここ数年来同じく多くの運用させられて表すために材質を閉じ込めます。

盤面の細部の本番の中から見ることができて、漸進的変化の緑色の時計の文字盤の上で、アラビア数字の時に皆夜光の上塗りを採用して処理するのを表示して、針もおなじな処理をしたのを含みます。このような設計は解けてもっと復古する盤面を為替で送って、青銅によく合って殻の全体の風格を表すもっと一致します。6時に設置は1つの期日の表示ウィンドウがあって、つける者が期日の情報を読み取りに便宜を図ります。

精密な艶消しの売り払う時計の殻、時間の経過の中でとと違う環境の時間の長さの形成とと違う趣を通ります。細部の処理の上で、全く新しいAutaviaシリーズの腕時計が殻などの外観を表している上でヴィンテージ加工処理、をしてこのに表すのがモデル魅力を更に備えさせます。

この腕時計はCalibre5の自動上弦のチップを搭載して、38時間の動力を備えて備蓄する時長くて、防水の深さは100メートルまで達しました。背の採用の精密な艶消しの精密な鋼を表して、装飾は“Autavia”の特殊な字形があります。

この全く新しい全く新しいAutaviaシリーズの腕時計の緑の皿の腕時計は設計上で腕時計の審美と追求について圧倒的多数人を満足させることができて、唯一の不足が恐らく動いて蓄える時長いです。しかし、自動上弦のチップの優位は、あなたはずっとそれをつけるのでさえすれ(あれ)ば、夜につけないで、翌日またつけて依然としてさらに比較的精密で正確なのが幸運なことを維持します。

青銅、緑の皿、陶磁器がこれを閉じ込めるのは1枚の満足のあなたのすべての想像した腕時計です