セイコーはずっと機械式ウォッチの製作に熱中して、それはここ数年にずっと高周波の腕時計を作っていて、とても収穫があると言うことができます。今年にセイコーは再度高周波の腕時計を出して、かつまた(まだ)それに1つのGMTの機能を付け加えて、深緑色の時計の文字盤も比較したのが珍しいで、私達にいっしょにこの腕時計を見てみに来ましょう。

それの内部のチップはセイコーの切り札技術で、36000の高周波のチップ設計はそれに幸運だのが更に精密で正確にならせるの、日常だ3―5s左右、ただたとえ天文台の認証する腕時計も日照時間の違いは上+4~―の6Sの理論の区間だとしてもの内で、55時間動力備蓄物を提供することができます。その振り子は順番に当たって特殊な効果を持っていて、とても良い吸収の磁場のチップに対する衝撃、その上この腕時計は制限するのモデルで、600しかなくて、中国でも3つしかありません。

これらはそれを十分にすばらしくならせて、しかし小さく編んでそれの更にすばらしいのがあの深緑色の時計の文字盤だと感じて、図がまったくそれを見てとれないをの見るのは実は深緑色です。これらを通じて(通って)私はそれが少しロレックスの緑のガラスに似ていると感じて、時計の文字盤の色はやはり(それとも)機能がすべて比較的接近するのなのにも関わらず。慣れる話のこの腕時計のビジネスの息ももとても濃くて、その上それはGrandSeikoで出て、実用性と様式は自然とけちのつけようがないのをやり遂げます。

セイコーは限定版の深緑色の高周波GMT腕時計を出します