私達はすべて知っていて、朝の世界の50年代の初め、スイス制表ブランドオメガ(OMEGA)は正式に星座のシリーズを出しました。今年11月、26モデルの第五代の星座は男は表して新しく発売します。半余り世紀間来、星座のシリーズは更迭に絶えず発展して、すばらしい設計の風格の基礎をくみ取る上に多くの変化を試みました。多くの人が好奇心があって、新しい星座のシリーズ(Constellation)は前に比べて変化を変えたどんながありましたか?技術でやはり(それとも)方面を設計しているのなのにも関わらず、今日腕時計の家はみんなのために1つ1つその中の秘密を解析しに来ます。

新しく発売する第五代の星座のシリーズの男性は実は初めて世代の星座のシリーズが設計の上にあるととても大きく異なる表して、事実上、星座のシリーズは1982年に“マンハッタン”のこの分枝を出して、伝統の星座のシリーズとと違い、それは爪設計を頼んで区分して、この設計も星座のシリーズをその他をモデルに表して区分して、そのシンボル的だ設計になります。

私達が先に最も基礎のデザインが第五代の星座のシリーズを見てみるのに行く、まず今回の26モデルの新型中から茶褐色の時計の文字盤、青い時計の文字盤などに参加して多色の時計の文字盤が更にみんなに選ぶように供えます。サイズの上から見て、すべての新作の星座は殻の直径を表しを調整して39ミリメートルになって、この前に、星座のシリーズの男性は表して35ミリメートルと38ミリメートルの2種類のバージョンを持ちます。

39ミリメートルの直径の大きさは正装の表す設計にとって、大きさのちょうど良い選択です。かつ腕時計の期の現在のところの“大いに美しいで”の流行っている傾向が見に来る、前の35、38のサイズは、は39mmは更に今人の審美に合ってと需要をつけます。

サイズの上で調整をしたを除いて、もっと多い細部は私達が通って図を対比する直観的なのが知ることができます。まず殻を表して爪を頼みとすべてもっと精密な面取り処理を経るので、前の設計の全体に比べて更になめらかにそろえるのがつるつるです。

事実上、更に入念な対比を経て、全く新しい星座のシリーズの紳士の腕時計は期日の窓口を3時(点)から変位は6時の人に着いて、かつポインターと目盛りはすべて改めてのブランド時計コピー設計を通って、繁雑な設計を持ち(投げ)出して、簡潔な時赤点斑の人が設計して、組み合わせの剣の形のポインターはユーザーを印象と感想の上で更に心地良くさせます。

初めの時計がローマ数字を閉じ込める時表示するのはすべて時計の文字盤センターに向かったので、これは読んでいていくつか難度を増加しました。新世代の星座のシリーズの紳士の腕時計はこの細部の上でもっとユーザーは考慮して、下半部分のローマ数字の時に変えてつける者に向かいを表示して、つける者は読む時更に手っ取り早くて心地良いです。その他に、両側の対比の上から見て、1ミリメートルの時計の文字盤を拡大するのは比較して言うと更にシンプルで近代的で、現代人の審美に合います。

面取り処理を経る金属製バンドはつける時いっそうつける者の筋肉と皮膚に似合って、大体金属製バンドのを高めていてつけて感を使います。その他に、ブランドはまた(まだ)みんなのために多種の色の皮バンドを提供して選びます。

全新オメガの第五代の星座のシリーズの紳士の腕時計改めて設計する外観の細部