ロレックスOysterquartz Reference5100腕時計はロレックスの第1モデルの販売の石英の時計で、Beta―21チップを搭載します。Reference5100腕時計の生産高はとても少なくて、1971―1972年に1000販売してただ左右するだけあるだけ、一モデルごとに表してすべて刻む通し番号があって、これはそれを現在のところのロレックスになって貴重な貴重な品の中の一つを収集させます。この1000数匹は皆750金の質の材質で、25%がプラチナを使ったのスーパーコピー時計N級がいて、残りは黄金で、同時にこの時計のもう一つの特徴は初めてサファイアを採用して鏡を表すのです。このは、ロレックスの特有なカレンダーの窓もここまでで腕時計の上で使われます。1972年、ロレックスがCEHを離れて自分に属する“石英のチップ”の腕時計に発展するのを始めて、それから“Oysterquartz”と命名させられます。最新の一回のReference5100腕時計はニューヨークでの良い士オークションの上でが現れて、20000―30000ドル値段を見積もって、取引価格の20000ドル、腕時計の表す箱とファイルはすべてとても完全です。

ロレックスOysterquartz Reference5100腕時計