北京は展示館を表してブランドの色の“北京が赤い”を主な色調にして、いつまでも続く万里の長城の肌のきめを展示館外部設計上で運用して、調和がとれている、を通じて(通って)白い芸術の運用を残して、入念な米を明らかに示します;展示館設計から陳列しますまで(に)、5千年の文化の紫禁城の元素を上り下りして運用するのが詳しく徹底的なことを持つでしょう:区を体験して大きい面積の赤い壁を使って殿宇のアウトラインをスケッチして、そっと開く宮の扉の外で、空いっぱいの雪の景の紫禁城で、赤い壁の瑠璃瓦はもっと収斂するのがひっそりとしているようになります;腕時計は道具を陳列して、殿宇の高殿の形態を採用して、十分に建築芸術の特有な空間の米を利用して、高低は入り乱れていて腕時計を展示します。

展示館の表門のに対して羽の形態を元素の動力装置にするので、2層の補佐する力の造型は回転に逆らって、陀はずみ車が運行する時の機械的な動感のリシャールミルスーパーコピーようです;中間は“賢い燕”陀を放置してくるくる回って支えるのを飛んで、北京は陀はずみ車を表でただ一面の羽の重さだけに相当します。この動力装置の設計の霊感は正に北京で表したブランドのトーテムの“賢い燕”、“魂の燕”の東方からの文化の典籍、吉祥、神秘的なイメージで、燕からだは青銅の鼎の紋様の精密な装飾で彫刻して、深い東方とマナーを守りながら遠くから相呼応します。

展示館の細部所も全力を尽くして東方の興味が現れます:天井の装飾は花弁の造型で、切れは独立して、重なり合って、精致で優雅です;壁面は主に中国式の格子文の窓の格の装飾の芸術を採用して、すべての十字の交差する場所、扮して北京で悪がしこい心の添え板を表して、古典の建物のさっぱりしていて上品な米と悪がしこい心のかすかな米は持ちつ持たれつで更によくなります。

東方の米:紫禁城の元素、ブランドのトーテムの“賢い燕”