《明日帝国》(1997)の―《黒い日の危機》(1999)―《選んで日亡くなる》(2002)―セイウチの300メートルの自動時間単位の計算ダイビング天文台は表します

ピアース・ブロスナンは共に4部の007映画を主演して、《黄金の目》を除いて、残る3一部まさか《明日帝国》(1997)、《黒い日の危機》(1999)、《選んで日亡くなる》(2002)ではあるまい。この3部の映画の中で、007はオメガのセイウチの300メートルの自動時間単位の計算ダイビング天文台を選んで表して、設計の方面で、以前はの石英版がとても大いに区別するのがない、ただチップとと違い、Calibre1120の自動上弦のチップに替えて、はこのチップが44時間の動力備蓄物を持ちます。腕時計の型番の2531.80.00。

《明日帝国》(1997)、《黒い日の危機》(1999)、《選んで日亡くなる》(2002)のこの3部の007映画の中で皆オメガのセイウチの300メートルの自動時間単位の計算ダイビング天文台を選んで(41ミリメートルの精密な鋼を表で殻を表しますが、青い波紋の時計の文字盤)、しかしすべての部の映画の中で腕時計の機能は同じではないです。

映画《明日帝国》(1997年)の中で、007ジェームズ・国のドイツは邪悪なマスコミの有力者と交戦して、後者は中英両国の間の衝突を誘発するのロレックススーパーコピーを企みます。彼のつけた青い時計の文字盤のセイウチの300メートルの自動時間単位の計算ダイビング天文台が表す内に雷管(解体できる式のリモート・コントロールが器を点火する)を装備しています。

映画《黒い日の危機》(1999年)の中で、1人の前KGBのスパイはテロリストになって、スパイの007はそれが必ず核装置を点火するのを阻止しなければなりません。スパイの007のつけるセイウチの300メートルの潜む水道のメーターは強光装置と小型の爪を設置してかぎ針で編みを加えます。

映画《選んで日亡くなる》(2002年)の中で、他人を眼中に置かない工業家はダイヤモンドの外側を持って、太陽の光のエネルギーの空間の武器を集中することができるのを研究開発しています。スパイの007のつけるセイウチの300メートルの潜む水道のメーターは時計の冠の中で設置して器とレーザー発生装置を点火します。異なっての、器を点火してヘリウムに並ぶ息のバルブに取って代わって、回転が小屋を表してC4爆薬を点火するのでさえすれ(あれ)ばことができます。レーザー機関は設置させられて新しい位置にあって、変えて冠を表してから発射して、表面を押してすぐ起動することができます。

セイウチの300メートルの自動時間単位の計算ダイビング天文台は表します