商品に腕時計をしを代表する時計類にすることに従って、日に日にみんなになって明細書の中の主力軍を収集して、みんなも骨董級の時計の作品に対して日に日に関心を持つようです。しかしこの種類の収蔵品はその他の骨董とと同じに、見間違えやすくて、その上また(まだ)とても拾いにくくて大いに抜かします。そのため、時計類のオークションはみんなのきわめて関心を持った事になりました。

オークションに話が及んで、みんなの思い付いた可能性はあれらの映画とテレビの劇の中で人に興奮させる価格戦と心理戦で、師のをオークションして鶴の1声に従って、異なる種類のオークション品はすぐあなたの自分のものになりました……当然で、マージンを忘れないでください!ここ数年来、市場をオークションするのもむやみに生い茂るなようで、いくつか素質の関門(難関)を突破しない競売店もこの中でいくらかの小細工、偽物もあるものでないのではないをのします!

貴重な時計の作品、時にはややもすればいくつ(か)の億のオークションの主役で、そのためこれはすぐそれらのの現れる地を決定して、ほぼあれらのIWCスーパーコピー世界レベルな知名競売店です。それでは今日、私達はみんなとと一緒に見てみに来て、あれらの法外な値段の時計のオークション品、一体すべて誰の家の表門の中から歩いて出て行ったのですか?

サザビーズ

まず私達の言うのは名声があるサザビーズは(人称にそれがサウスのために比べるように、翻訳の行く違い)、それは全世界の規模の最大で最も著名な競売店であるはずです。1744年3月11日、イギリスの大きい書籍商のサミュエル・ベーカーはロンドン考文特花園の1家のホテルで競って呼び値の形式のある勲爵位を売り出すいくつかの蔵書を買って、この売場も思われて近代的な形態の第1度のオークションです。

サザビーズは全世界に持って100社の事務所を上回って、40余り国家に分布して、毎年全世界の範囲は共に10売場をたたいて、約250場のオークションを開催して、覆う収蔵品は70種類を上回ります。専門競売店の蛇口として、サザビーズは世の中が唯一イギリスの文学の研究専門家のオークション会社を持つので、毎年2度の文学作品のを開催してもっぱらたたいて、5人の専門家から担当します。

前区時間はみんなが紹介したことがあるために現代表を作成する大家のジョージ・ダニエルのこの作ったSpaceTraveller懐中時計から、これは1982年の出す懐中時計の今年9月でのサザビーズのオークションの中で、320万英ポンド近くの価格で取引が成立します。今年5月14日ジュネーブで開催のオークションの上で、パテック・フィリップのすばらしいCalibre89もみごとに主が変わって、取引価格はたぶん336万スイスフランです。

良い士

もしサザビーズは世界の最も古い競売店でしたら、そんなによくそれと相手方の良い士を殴るのがも同様に歴史は悠久だでなければなりません。良い士は1766年に創立しなければならなくて、ロンドン第二家競売店です。良い士は古くクリスティ、世界の有名な芸術品競売店の中の一つを訳します。良い士は設立した事務所は全世界共に90の主要な都市に分布して、そして全世界で16の場所は定期的にオークションを開催します。

サザビーズとと同じに、業界の大いに触れる良い士としてもよく時計の特別興行のオークションを催さなければなりません。今年5月に香港の開催の時計のオークションの上で、全部で展を行ってたたく257件の時計のオークション品があります。ロレックスの緑色のブラッドストーンの盤面Day―Date18078腕時計、30万香港ドルで、人民元の26.3万元に取引が成立するように誘って、全体は評価の10数万にぬきんでます。その中の時計王パテック・フィリップの5002P両面の時計の文字盤の腕時計、直径はただ44ミリメートルのためだけ、大聖堂の鐘の音の3が聞いて、1分の陀のはずみ車、万年暦、が逆でカレンダー、天文を跳んで882万香港ドルで12項の高くて複雑な機能を経過するのを含んで、人民元の772.5万元の高値に取引が成立するように誘います。

フィリップス

ほぼ全体の20世紀の中で、サザビーズと良い士は2の大きい巨頭はずっと互いに摘んでいます。1796年に良い士から戸口のフィリップスに自立しなければならなくて、ずっとそれらのはさみ打ちの下にもあります。しかし1999年に直してLVMH居候を投げて、かつサザビーズと良い士が調査の身辺につきまとう隙間に下で、フィリップスも迅速に大きくして、みごとにころあいを見て着岸して、現在のところもフランスが地界の上の覇者の争奪者をオークションするです。

その他の2社と比較して、みんなは恐らくフィリップス競売店に対してまだ特別な理解ではなくて、しかしみんなはもしもポール・ニューマンのパンダを耳にして導いて、このすべてはももう重要であるべきです。ポール・ニューマンのパンダ皿は導いて持ってロレックスのすばらしいデザインを言うことができるのを通して、ポール・ニューマンはもロレックスがヨーロッパ市場の大きい功労者を開けると言うことができるべきです。

今月にある10月26日、ポール・ニューマンつけたロレックスは導いて通して(REFを持ちます.6239)腕時計、フィリップス競売店で間もなくオークションするでしょう、聞くところによると今回が売り値をたたいて100万ドルを上回ると予想します!もしも取引が成立して、これはまだ最終価格ではないべきで、一体それの収入の袋の中でをどなたの忠実な収集家で、私達はやはり(それとも)切に期待していましょう!

あなたの知っている法外な値段は表して、すべてこのつから出て行ったのです!