名が表すのが“知能指数の税”だと思う人がいて、名ため表すのが役に立たないで、知能が表で、電子時計の“秒殺”の機械は表します。間違いなくて、名は本当に役に立たない、のそれただ1つの“おもちゃ”を表します。子供はおもちゃの自動車を遊んで、大人は本当の車を遊びます。1台の性能の車、少ない200、300の匹、多い400、500の馬力、これぐらいの過剰の馬力、正常に走って、120制限速度、根本が役に立たないで、さわやかなためで、遊ぶため。車が好きである人がいて、撮影が好きである人がいて、音響が好きである人がいて、パイプが好きである人がいて、人がいて魚を釣ることが好きで、鳥をかってカメをかうことが好きである人がいて、それぞれはすべてお金を燃やしたので、譲るために自分が楽しいです。まして、名は精巧で美しくて美しいを除いて表して、本当に取って代わる“機能”は何もないので、全くとても高くてとても精巧で美しい“おもちゃ”で、しかし人の固定していない一生、誰がまだ趣味がありませんか?

何(で)ももしも“役に立つ”と言ったら、“価格性能比”があって、あのアルトはもっと前にアウディをし死んで、どのみちすべて4つの車輪で、人に座って走ることができることができて、高速に行くことができます。アルトは十分で、また(まだ)どんなアウディを買いますか?

すぐ“税に”、同じく“税”のにとても心地良くなられます。

よく表す時計の愛好者を買って、必然的にすべて一定経済の条件があります。さもなくば数万、10数(何)万更には数十万の時計、買って買ったと言うのではありません。金持ち(富む2世代)について生まれるを除いて、私は圧倒的部分人のお金を考えて、すべて着実で几帳面なので、能力に任せて必死で働いてくる。甚だしきに至っては普通な人の努力を上回ってと苦労するのを払って、あるいはもっと大きい経営、投資リスクを引き受けます。お金を稼いで、好きなものを買って、生活水準を高めます。言う人がいて、たとえ“知能指数の税”だとしても、私もも“税”のにとても心地良くなられて、この話は私は賛成したのです。好きなものを買って、好きな時計、私にこの段階の苦労すると感じさせるののは値打ちがあってで、仕返しのがあって、同時にもっと高い目標のため、引き続き努力して金が儲かります。良いのは一生で、あくせくするのも強く金が儲かる一生で、どう選ぶを見ます。

しかし少し、私は言いたくて、今多くの若い人、よく自分の能力を超えて消費に行って、これはとてもよくありません。今後であろうとのため、部屋を買って、、に結婚するか創業して、投資するのウブロコピーはすべて多くのお金を使うのです。名は表して、贅沢品、行為の“錦上に花を添える”の装飾品がやはり(それとも)一定経済的土台を築いていた後に、また行って自分の趣味を満足させます。さもなくば本当に着いてお金を使うべきだ時、持ち出せないで、大事を誤りました。

名はただ1つの“おもちゃ”を表します。