盛んな刺し縫いする海のこのブランドを言い出して、私達はすべてそれとイタリアの皇室海軍の深い源を知っていて、しかし今日みんなの紹介するこの盛んな刺し縫いする海に、ことができて伊軍と関係があります。この盛んな刺し縫いする海本当にの経歴だけではなく第二次世界戦争、その上第二次世界戦争の中でまた(まだ)ドイツ海軍と英軍の主人を持っのでことがあります。今日私達はこの盛んな刺し縫いする海の伝奇的なストーリを述べに来ます。

でも、この盛んな刺し縫いする海の伝奇的な経歴を紹介する前に、私達は先にその由来を紹介します。(中国が時間の夜7時に始まる)イギリス競売店Fellowsは今月に30日にオークションする1度の腕時計と懐中時計があって、この盛んな刺し縫いする海は今回のオークションする焦点のオークション品、通し番号の188です。Fellowsこの競売店の多くの人に対して恐らく熟知しないで、それは1876年に創立して、バーミンガムの歴史真珠や宝石技術区に位置して、イギリスのリードする競売店の中の一つです。会社の創立はさかのぼってその時の1筆の自転車の注文書の失敗取引することができました。その時、会社の創始者WilliamHenryFellowsはオークションする方法を通じて(通って)このそれのほしくない注文書を売り払いたいです。そのため一族は入ってこの領域をオークションするのを始めます。Fellowsは毎年催して100場のオークションを上回って、その中の半分の以上は真珠や宝石類で、毎年行う腕時計と懐中時計のオークションは8場しかありません。

話題は帰って来て、私達は焦点をこの盛んな刺し縫いする海に帰ります。第二次世界戦争の末期、これは盛んな刺し縫いする海の最初にイタリア海軍の精鋭部隊DecimaMASすべてので、それから戦争の中でドイツ潜水作業員部隊の戦利品になります。聞くところによると、このドイツ潜水作業員部隊がイタリアで特に教え諭して着たのを受けたのはイタリアの特製のウエットスーツです。

1944年9月、オランダナイメーヘンで、この盛んな刺し縫いする海はまた1人に名前をGeorge H.と言われます Rowsonのイギリスの兵士はドイツ潜水作業員部隊から勝ち取って、彼の戦利品になります。今回のオークションがこの盛んな刺し縫いする海の売り手を提供するのはGeorge H.です Rowsonの息子。

その時、独軍はアーネムの戦役のため、1つの市場花園を制定して行動して、市場花園の行動する目標は、パラシュート兵のからこの地区道路のすべての重要な橋梁を奪い取って、中の一つはナイメーヘンの大橋です。その時、1944年9月29日午前6時30分(GeorgeH. Rowsonの記録するデータ)、ドイツ潜水作業員部隊はナイメーヘンの大橋の橋の底の主要な支柱の上で爆弾を設置して、彼らが良い爆弾を設置した後に撤退するつもりな時、英軍に捕まえられて、ナイメーヘンの大橋の爆弾も取り除かれます。イギリス人はこの戦役を“ナイメーヘンの橋の戦役”に称します。

このような、この盛んな刺し縫いする海はGeorgeH.に着きました Rowsonの手、そして彼に伝わられて自分の息子にあげて、彼の息子の言いによると、彼は何度(か)ただつけたことがあるただだけだけ、そのためも品物の相良が良いです。腕時計の評価は3万~4万英ポンドのため、約26万~35万元の人民元。この高の評価がその伝奇的な経歴を減らさないで加えるのを信じます。

この盛んな刺し縫いする海は第二次世界戦争が伊軍から独軍に落ちた、後でまた英軍の戦利品になります