FB-T.FC.Rチップは独自の旗印を掲げる機構を通じて(通って)建築しに来るのです。これは手動で鎖のチップに行ってドイツの銀の製造する18枚の添え板を配備して、チタンの金製造したのを売り払って根の支柱の中を数えるで設置して、全体のメカニズムを構成します。このような構造は18世紀精密な海事の船の時計の特色で、構造の理念もすべてのモジュールの設計で運用して、特に巧みにチップのつりあいが平衡がとれている上で運用します。

FB-T.FC.Rチップの特色:そのぜんまいの箱はおよび、皆力の丸いスピードコーンは逆さまにしたので、両者は皆サスペンションの方法を採用して建てて、ただ固定的なだけの片側を置きます。このような特殊な構造しかし祭の概数の1ミリメートルの空間、を譲りますChronomètre Ferdinand Berthoud FB 1R.6-1の精密な時計算するチップの厚さの9.89ミリメートルだけ、調整機構を加えるがおよび、新しい動力がディスプレイシステムの装置を貯蓄するのを表示して、しかし依然としてタイプの製品中でと細かくて薄いチップです。この構造技術はすでに特許を申請しました。

主なぜんまいが皆力の丸いスピードコーンと繋がる時、ぜんまいがふくらましてぜんまいが緩くて放しに従う時1つの方向に向って回して、ぜんまいがしっかり付けて反対側に向って回転するのに従って、鎖を確保してまちがいがありません。このヴァシュロンコンスタンタンコピーようなタイプの装置は通常上鎖の時チップは運営を停止して、この効果を償う、FB-T.FC.Rためチップはオリジナルな設計の応差装置を配備して、車輪を並べてぜんまい上鎖の時引き続き振動することができるのをさせて、それによってチップのきんでている時間単位の計算性能を維持します。このような特殊な装置も特許を申請しました。

上弦装置は歯状のの上に錐体形鎖のピニオンを採用して、カップリングの大きい直径のによく合って装飾模様の紋様にたぎって冠を表して、手動で鎖に行く操作とチップの運行を更に安定でまちがいがなくならせて、このような安定な上弦の性能は同時に同じくつける者を体験をつける更に順調で心地良いのがあらせて、手動で鎖の腕時計に行きにとって、これはとても肝心な重点です。

FB-T.FC.Rチップの構造はと複雑で精密です