2000年、J12腕時計は真っ先に大胆にハイテクのファインセラミックスを採用して、この時からハイテクのファインセラミックスは貴重な表を作成する材質になります。第1モデルのJ12のきらめく黒色は出現して、2003年に純粋な白の傷がないJ12白色の腕時計を出して、“12”はすぐシャネルのラッキー・ナンバーの中の一つになります。2011年、シャネルは一貫して大胆に新機軸を打ち出す精神を受けてその通りにして、J12Chromaticチタンの陶磁器の腕時計を出して、その腕時計のバンドは激しい変化の定まらない特殊な光沢を現れだします。

J12腕時計は発表されて15年後の今日、シャネルは絶えず古きを退けて新しきを出して、声がかれてつやがあり設計して、制限してモデル、甚だしきに至っては全世界のただ1つは時計のモデルを秘蔵して、このすばらしい腕時計のが敬意を表しに対してとして。

BASELWORLD 2016シャネルJ12シリーズの新型は発表します