宝石軸受のあまりにも高価な問題はずっと解決が得られないで、18世紀末に至って、フランスの化学家Pierre Victor Louis de Verneuilは火炎の溶融法を発明して、人造のルビー恐らくなります。また10数年の努力を経て、Verneuilはついに1904年生で人造のルビーを作り出して、そして大いに量産することができます。人造のルビーは外観、成分と硬度の方面ですべて天然のルビーとと同じに、甚だしきに至っては含まれてなくていかなる不純物があるため、人造のルビーが普通な天然のルビーに比べてまた(まだ)要するのが更に摩擦に強いです。1940年から、人造のルビーは全体の表を作成する業界内で普及し始めるのを始めます。この法はずっと現代までそのまま用いて、今なお依然として世界は人工宝石の主要な方法、人称の“ウェルナーと葉法”を生産します

合成する赤いサファイアは湯の中から結晶が来たので、その主要な成分は皆Al2O3で、合成の時微量のCrに参加して、赤色、つまり合成ルビーが現れます;もしも微量のTiに参加して、合成サファイアになって、無色で透明だです。現在のところの表を作成する業の中で、無色で透明な宝石軸の目のを採用してドイツのMoritzGrossmannしかなくて、行くの清純の路線です。

それではチップの中のルビーは多ければ多いほどとてもですか?ここは1つの専門の用語があります――数をあけます。数をあけるのはチップの重要な技術のパラメーターの中の一つで、少なすぎることはできないが、しかし17~25間で、通常を多ければ多いほどとてもがでもありません。低すぎどうしても人に仕事を疑わせて、多すぎもチップの品質を代表しないのがもっと良いです。これは1匹の普通の基礎のチップの中のルビーの数量のためで、機械の原理、視覚効果のなど各方面の指標の“標準の配置”に適応するそれがあります。あけるのは普通を数えるすべて奇数で、これはシステムの中で円盤を捕らえるののため打って単独になって、その他のルビーはほぼすべて現れるのウブロコピーのに対してなるのです。100のあけるチップを出したことがあるアメリカ人があってことがあって、笑わせどころとしてを除いて、そして実際の意味はあまりありません。さらに、また(まだ)200余りのあけるチップが現れたことがあります。

ここがみんなのを気づかせるのは、赤い宝石軸受の別に機械的でない時計の特許、いくつか石英のチップの中で、ただ石英のチップは自身の構造関係のため、多すぎるルビーがいりません。だから、通常の石英のチップの中のルビーの数量、機械のチップよりはるかに低いです。

赤い宝石軸受の別に機械的でない時計の特許