ラッセルを押さえてどうしてもブランパンを言い出さなければならないをの言い出して、ブランパンはラッセルの最も多い名を押さえてブランドを表しを使うので、最初にラッセルを押さえるのを腕時計の上のブランドに運用するです。ラッセルのこの複雑な機能を押さえてすでに時計の大家達に1余り世紀間忘れられた後で、2008年、Blancpainブランパンは伝統にラッセルの新しい生命を押さえるのを与えて、そして世界の第1枚の1分にと軸がラッセルの腕時計を押さえるように出しました。それからブランドにしていてラッセルを押さえるようにもあって、しかし回転の一サークルにできないのがちょうど1分です。1分と軸がラッセルを押さえるのが伝統がラッセルのを押さえて転覆するに対して、現在のところはやり遂げることができるその他のブランドがありません。その年10月、ブランパンは1分のカードのラッセルの基礎の上で、特製になった1枚の“乾坤カードのラッセル”の腕時計、故宮博物館にチベットを抵当に入れられました。Blancpainブランパンの乾坤がラッセルの腕時計を押さえてそれからその設立になるから、初と唯一の1枚の典隠れる現代の腕時計。ここ数年、ブランパンがまた続々とラッセルの3を押さえるのを出してラッセル陀はずみ車を聞いて、押さえて、ラッセルの月相の腕時計などを押さえて、世間の人にそのカードラッセル一族のを証明して強大になります。

百年前に、流星と同じにラッセルを押さえて、ただ流行っているだけのひとしきりはそのブルガリコピー後市場経済の自然選択を通って淘汰させられます。しかし否認できないで、それの誕生した出発点は良いです。そしてそれからブランパンの重い拾カロリーのラッセルはそれに新しい生命を与えて、更に私達にラッセルを押さえる活力と魅力を証明しました。しかし、必ず承認しなければならないのは、“にあって誰(で)もすべて陀はずみ車を知っていて、何人は知っていてラッセルの”の今日を押さえて、ラッセルを押さえて行くとても長い1段の道がもあります。

変えてラッセルの運命のブランパンを押さえます