今年、ジャークの独ルーマニアは巧みで完璧で並み外れている表を作成する技巧に頼っていて1モデルが小さくトラの頃の小針皿の腕時計を描きを出して、西方の写実の絵画の風格と中国を白い美学に残してこの腕時計の設計の中に解けて入りました。

腕時計はブランドのシンボル的な大きい見える火のエナメルの時計の文字盤を採用して、職人達はまた精密で正確な技法で、これが象牙の類の清浄な盤面のロレックスコピーような上にけものの中王のトラの風采の風格と趣を再現します。時計の文字盤の上でトラの鋭く生き生きしているのが小さくて双眼を描きにわかって、トラのは全身および、それのからだが環境につきあいに会わないで、大きい面積の空白はあげて者の尽きることがない想像の空間を見て、同じく盤面を12時位置所の頃の小針皿が更に際立っていさせて、配置は調和がとれていて巧みです。腕時計の表す殻は18K赤い金の材質を採用して製造してなって、貴金属と稀少な技術の完璧な結合が現れました。それ以外に、ジャークの独ルーマニアが小さくてトラを描いて頃に小針皿の腕時計が1条のブラウン系の本革の腕時計のバンドを添えて、全く新しい手首はすでに消費者に向かって制限して発表を表現します。

多い視角は全く新しいジャークの独ルーマニアを解読して小さくてトラの頃の小針皿の腕時計を描きます