エルメスArceau腕時計は1978がからでHenri d’Orignyは苦心して設計して生んで、全身の手本のが行うに古典で独特なことに集まるのです。しかもこの腕時計設計が精妙なのが厳格で、その円形が殻のよく合うアシンメトリーのあぶみの形を表して耳とイタリックの数字を表す時と表示して、すべて人に思わず駆け回る中の駿馬を連想させて、満ちあふれて近代的な息の味わいがある風格を含みます。巧みにつやがある影を演繹するを通じて(通って)激しく変わって、この全く新しい腕時計の作品は控えめの奇抜な方法で機械的な構造の精密な米を解釈します。

Arceau Squelette透かし彫りの腕時計は円形の精密な鋼を採用して殻を表して、たばこによく合ってサファイアの水晶の時計の文字盤をいぶします。銀色に飾りを添えていて形の分の目盛りと数字を閉じ込める時標的の深い黒色の時計の文字盤の内側レースから、漸進的変化が時計の文字盤の中央まで(に)なるのが透明で、ここから更にすっかり理解する地区がサイドオープンのチップを鑑賞して、腕時計の運営する神秘を味わうことができます。

殻を表して精密な鋼から製造してなって、直径は40ミリメートルで、このサイズは圧倒的多数の紳士につけるように適合して、同時に適合して直径の少し大きいレディースが選びが好きです。

2針の設計の時計の文字盤、時計の文字盤センターから浅いから深く変化するまで(に)濃い藍色の漸進的変化の効果を採用します。時計の針の分針はきめ細かいのを通って磨き上げて、透かし彫りの設計によく合う時おなじで透かし彫りの設計の時計の文字盤の細部を表示してと、時計を整えて人に近代的に思って復古して織りなして為替で送る設計の風格に解けます。

時計の文字盤の細部の本番の中から見抜くことができて、時計の文字盤の下の橋板、チャコールグレーの歯車とサイドオープンは陀を並べて、上方の非常に細くてしなやかな時計の針、分針と巧みに呼応して、サイドオープンの数字の時に表示してエルメスと時計の文字盤の上で浮遊状態をまねるのをもし表します。時間のよく動き現れて内部の搭載したのオーデマピゲコピーが自動的に鎖の機械のチップに行くおかげです。まろやかで潤いがある表すのは線を閉じ込めて、エルメスのシンボル的な表す耳設計によく合って、細部の場所は最もエルメスの表を作成する職人のを現して技術が独自の境地に至っています。

精密な磨き上げる表す殻を通ってきめ細かい光沢が現れて、側面の本番からも見抜くことができて、厚さを表すのは厚くありませんて、これはつける者の体験を思うのが更に心地良くさせます。同時に、腕時計の表すのが冠の上でまた(まだ)刻んでエルメスの“H”の字形を代表するのがいます。黒色ワニの皮バンドとベルトバックル設計の表すボタンは皆エルメスの時計の職人から心をこめて製造してなります。腕時計は自動上弦のチップを採用して、はっきりしている設計の表しを背負って背負いを通して見ることができて、かじを並べても透かし彫りの設計を採用して、そして彫り刻んでブランドの名称の“Hermès”があります。

総括します:全く新しいエルメスArceau Squeletteサイドオープンの腕時計はエルメスの表を作成する技巧を展示しただけではなくて、細部の場所で、同時に私達にエルメスの表を作成する理念を順次伝えました:測量は、ソーティングして、御する以外、エルメスが更に大胆に求めて外の一種の時間が見ます:人を興奮させて人の思う通りに自由な付き合いは往来が頻繁で、美しい幻想を製造してそれなのに愉快な興味の空間を忘れません。

サイドオープンの時計の文字盤、漸進的変化の設計、全く新しいエルメスArceau腕時計の輝点よけいに