すべてのパウダーの鉄の刺し縫いするDS―1ヒマラヤのシリーズPowermatic 80の長い動力の腕時計は1960年代実務に励み、自信を持つ風格に現れ出て、才気が溢れるエクスプローラーに付き添って光り輝く業績に向かいます。少し復古の外観を現して独特な時計算する悠久の歴史に敬意を表現して、80時間の動力の貯蓄するPowermatic80チップはまた腕時計締めるのと時代の潮流をさせます。祝典の意味のHimalaya特別なモデルがあってもすでに発売して、だからこの腕時計が探険隊について行って1960年に初めてがみごとにダウラギリ山(Dhaulagiri)に頂上に昇りを紀念します。

全く新しいDS―の1Powermatic80腕時計の細部の装飾する異常が豪華で、1曲の傑出していて悠久の歴史の近代的な賛歌です。雪の鉄が刺し縫いして一貫してそのきんでている品質―が高くて水を防ぐ、高くて精密で正確だと高くて信頼できるのを維持して、製造の全く新しいDS―1腕時計の時また(まだ)非常の先進製造プロセス技術と元素を溶け込んで、そして動力を採用して80時間続くスイスを貯蓄してETAPowermatic80チップを製造します。

アウトラインの優雅な耽美の40ミリメートルの艶消し/精密な鋼を売り払って殻を表す内に、落ち着いてい近代的な息の円形のたばこのグレーの時計の文字盤を失わないで太陽の紋様によく合って装飾して心や目を楽しませて、まぶしい処理を防ぐサファイアのクリスタルガラスを持つから鏡を表して防護を提供します。切断面の三角形の時計の針と分針、時を持っておよび中央の秒針が皆扮してPVDでバラの金をめっきするのを表示して、グレーの表面の背景の下で可読性を強めて、また流行する質感を失いません。期日窓口は3時に位置を設けて、その原型がモデルを表して1960年代にしっかりと有名な登山者が頂上に昇るのが世界で席の最高な山頂の峰を数えるのに伴いを紀念する、DS―1Powermatic ため80腕時計が雪の鉄を刺し縫いして設計して時計の文字盤とで冠のトップを表しを表して、誇りの気持ちは最も現します。DS―1腕時計はもちろん同様に有名なDSダブル保険の技術を採用してそのすばらしい丈夫さを確保して、防水性能は10巴(100米)に達することができます。茶褐色の皮バンドは両押しボタン式のブルガリコピーチョウを添えてボタンを表して、DS―1腕時計の手首の間の心地良い感と安全性を確保します。

DS-1 Powermatic80腕時計はまた(まだ)特に2版紀念を製造してモデル、敬意を表してその時大きな歴史的意義があった探険の壮挙の中の一つ―が初雪をつけていて最も鉄の刺し縫いするDS―1が探険隊を表して1960年に初めてがみごとにダウラギリ山に頂上に昇ります。生産する全く新しいシリーズは“Himalaya特別なモデル”といって、銀色の時計の文字盤はPVDがバラの金のトーラスをめっきして長方形時にと表示するのによく合って、透明な時計の後で閉じは紀念性の山の峰の全景の図案に付いていて、そしてその自動上弦装置上で“Dhaulagiriを彫り刻んで、8167m,1960”(1960年、ダウラギリ山、海抜の8167メートル)“CERTINA Mechanical Watches since 1888”は(とCERTINA機械は表して、1888年)字形から源を発します。歴史の15分、ますます十分に貴重です。

雪の鉄の刺し縫いするDS-1の長い動力の腕時計