なんじの渓谷の風格のポインターの添え板の橋の優美なのは弧度をぴかぴかに磨いて捕まえて全て捉えて、視線をも引きつけました。特製の歯車の上に優雅にまた力を満たす円弧の竿があって、売り払うナットの上に1つの特別なS軌道、美しい以外、施力があるも更に。

独特な円弧のレバーはと金槌をつり合わせて、すべて通って苦心して設計して、Romain Gauthierから作りました。甚だしきに至っては学校の構造が高効率の三角形の盆の竿を採用するのを加減して、Romain Gauthierの別の一つの発明です。

トップのわりに大きいチップは板橋をはさんでサイドオープンを与えて、ここから一部のぜんまいの箱のラチェットとのを鑑賞してクリックすることができます。透かし彫りのウィンドウズは4つ現れて高くそして機械的に鋭い内角を行って売り払うことができないため、鋭い先細の斜角をぴかぴかに磨いて、この点は手作業の製造プロセスの完璧な技巧を抜きんでだします。

更に人に激賞させたのタグホイヤーコピーは、ぜんまいの箱は、つり合わせて車輪と宝石を並べる以外、すべてのモジュールはすべてRomain Gauthierが自ら、開発、製造を設計するのです。

HMS Tenは3モデルの限定版を全部で、それぞれ10件出します:プラチナの金は殻/青い時計の文字盤を表して、プラチナは殻/シャンパーニュの色の時計の文字盤を表して、および赤い金は殻/炭素のグレーの時計の文字盤を表します。

甚だしきに至っては学校の構造が高効率の三角形の盆の竿を採用するのを加減して、Romain Gauthierの別の一つの発明です