私達のショーが堂を表して大きい人を表す1人の骨董があっのでことがありを覚えていて、多くのセイコーGS骨董を収集して表します。GrandSeiko(略称GS)の多い歴史の時計のモデルの中で、1960年に発表する第一モデルの腕時計はきっと重要な位置を占めます。そのためも1960年の初めは何度も再びつくるにGS腕時計に代わってことがあって、2020が60周年GrandSeikoにちょうどあたる時、GSは再度1960が初めて代わって再び製版するのを出します。

これは初めてGS(この腕時計もそれがチップを内蔵して“3180”と称させられるため)の第4回に代わって行って再びつくったので、以前3回が時間分布を出すのがセイコーの120周年(2001年)、セイコーの130周年(2011年)とGrandSeikoが独立するブランドの時(2017年)になるのです。すべて再び版を置くので、ちょっと見ると前に発表する重さが版を置くのが区別する大きくなくて、実際にはやはり(それとも)違いのがあります。

まずサイズの方面、原版の腕時計の35ミリメートルの直径を比較して、新しく再び製版して3180の時計直接38ミリメートルまで増大して、いっそう合って今の男性審美を表して、そうでなければあれら小さい時計の直接の紳士の以外、この腕時計が本当で収集して棚上げにすることしかできませんでした。でもこのサイズと2017年出す重さが版を置くのが同じです。

もしサイズの上の変化は2017年にすでにすることがあったら、背負って実情を伝えるのをまだ初めてそのスーパーコピー時計ように表します。新しく再び版の3180を置いて初めてサファイアの水晶を採用して実情を伝えて設計します。実情を伝えるのは現代やっと流行り始めたので、以前の腕時計は密封性を保証するため、普通は実情を伝えて設計を採用することはでき(ありえ)なくて、2017年が重くて版を置くように背負って図案を彫り刻みを表しているのです。

初めてセイコーGSに代わって新しく再び版を置きます