Blast透かし彫りの陀はずみ車の腕時計の骨組みは表すのはと主な色調が一致して、しかし初めてカラーを取り入れて車輪を並べて、たとえば黒色バージョン陀はずみ車が車輪を並べるのが赤色ので、バラの金バージョンの並べる車輪はバラの金色ので、顔値がフリーボードだ。

今回のアテネは表して18ヶ月の時間を使って、もとUN―171チップに対してアップグレードを行って、全く新しいUN―172チップになって、もとの手動の上から鎖は変えて自動的に鎖に行きます。以前サイドオープンをした時、あるブランドは直接チップを持ってきてサイドオープンをするのを選んで、しかしアテネは表してもともとサイドオープンのチップをするつもりで、それの全体のチップでの構築と計画の上で求めたのがあるので、だから私達はこのチップの輪列の配置が要するのが更に調和がとれているのを見ました。チップは採用縦方向設計を構築して、強めて深さと立体感を跳躍して、正面やはり(それとも)側面はこの腕時計を見るのに行って、少しもぼろを出すことはでき(ありえ)なくて、同時に大きい面積のサイドオープンを行って、構築の中で余分な部分を取り除いて、チップの運行の米の態ははっきり展示します。

高くて突き出ている式の長方形の板橋は一方では被って全体のチップを頼んで、一方のよいところは時計の文字盤ともっと良くいっしょに解け合うことができるのにあって、全体の腕時計の調和がとれている度を維持します。

UN―172チップは伝統を直してと陀の方法を並べて、小型は陀を並べて時計の文字盤の正面の12時の位置に設置して、大体チップの空間を節約して、チップ更に完全に現れる中の輪列に役立つもあります。チップが奮い立つのはしきりに’000V 18です/H,動力が貯蓄するのは大体72時間で、防水の深さは50メートルに変えたのパネライコピーを加減します。

私はずっとたいへんアテネが腹の中の革新を表すのがと大胆なことが好きで、毎回新型がでも人に興奮する感覚を言い表せないがのあらせを見て、今回もそうです。Blastサイドオープン陀はずみ車の腕時計はアテネを保留してもとはすばらしい“味”を表して、しかし顔値とチップの方面はすべて絶えず上行くレベルへあります。今Blastサイドオープン陀はずみ車の腕時計が北京、上海と成都アテネでフラッグシップショップを表してすべて商品があって、みんなは現場へちょっと見に行く

Blast透かし彫りの陀はずみ車の腕時計の骨組みは表すのはと主な色調が一致して