突然1部が《恥知らずにばか》の映画を言いを思い出して、大筋は第二次世界戦争の期間のヨーロッパ戦場で発生して、ナチス軍からあちこちユダヤ人を探し求めて殺す劇の筋に飛びかかりを行って開いて、期間たくさんおしゃべりすることができる茎が現れて、不意打ちで頭、切っ先をたたいて数字の3、セクシーで大きい女の子に字を彫って、手まねをするようです……整部の映画は下りてきて見たところ話に花が咲いていて、少しうっかり死亡に直面します。個人の印象の最も深いのは独軍のハンス上佐のスザンナ(索莎娜)の一つの乳牛場の主なをくらましたのに対して取り調べを行う時の劇の筋です。

まず役者が役が演繹するのを十分に恥知らずでで、とても高い論理の能力を備えるのがあって、その次に下心を持つ笑顔がとそこの取り出した大型のヒョウタンから闘いが分からないのです。偶然のめぐりあわせの下、いつもぶらぶらしたのが小さくて公衆号を信じる上にハンスを見てとモデル、思いきりよく持って来て分かち合います。細長いたばこに比べて、パイプは明らかにますらおぶりを更に備えて、しかしハンスの介入がまたそれをさせて1分の陰険さに多くなったのに見えて、なめらかな線に互いに関連していて少しも言うことができない味にすべて多くなったようです。

聞くところによるとそれはヨーロッパから来て連ねてこのごろ唯一海泡石のパイプとヒョウタンの闘うオーストリアのブランドを生産します――バッハ。このブランドの既存のここ100年の歴史、その上図の中でモデルは去年12月にすでに生産を停止して、あまねく3000~4000元ぐらいで値段を付けて、たまに運はとても人を介する千元のあまりのにもぶつかることができます。手作りが生産するため、それぞれはすべてただ絶版だけ、決して重くない様子です。ネット友達が普通なことにフィード・バックするのは:“点火した後にどうしても消えなくないのが熱くない”;“手に入れるがのがとても高くて、後期に引き出して下りてきてたばこを吸うに比べて安くなりを発見します”;“腎臓を売って買わなければならない”の類のブランド時計コピー

健康でたばこを吸って有害だ、パイプもこのようにで、しかしそれは明らかに前者に比べて更に代表性があって、いくつかの年間でまた(まだ)“品位がある”の男性のシンボルと見なすことができます。少し考えてもみなさいのは毛皮(革)付きの服の中年の男、あや織りのジャンバーの先輩の教授、を身につけている甚だしきに至っては顔のといし保持台の長い須の芸術家を頼んでいるのです……どうしてすべて中老年ですか?パイプのこの興味は金が働くとように、若い人はその範がありません。それはこともあろうにチャットの時ばつが悪い隙間(半分話のうまが合わないのが多い)を全て書き込みに用いることができないで、あなたに見たところ思考に耳を傾けているようで、また(まだ)アルコールのようにふさがる霊感に流れをよくすることができます。

特に形の独特なヒョウタンは闘って、たとえ引き出さないのもついでに置くとしても芸術の息を満たす振り子の件で、しかし細長く立ち上る煙霧はその魂です。1人の男が少なくとも5本のネクタイがあるように、また(まだ)3本のパイプを持つべきで、異なる場所に受け答えしに来ます。パイプは最も良い1人で暮らす小さい物で、普通のたばこより長い間続いて、更に白色のかぎたばこの来る安全(朝陽区で白いかぎたばこを吸い込んで人民群衆に怒られて挙げるのを少し考えてもみなさい)に比べて。1つの静かな隅を探して、人生を考えてあるいは単にぼんやりして、刺し縫いして自分の特に可愛がったタバコの明暗を経験して変えるのを吐きに呼吸するのに従って、このtmは人生です。

V形が鉢の設計を闘うため、草を設置する時少し1時(点)(8分がいっぱいで1番上等だ)を締めて、うっかりしてきつすぎて鉢を闘いをローエンドですべてたばこの孔を出るのに取り出しをやります。猛火は直接点火して、小口症が噛んでいた後に平均している息を維持して、切って一気に死んでもの中でへ(また(まだ)小さい岳のまねの謙虚な兄の模範を覚えている)を噛んではいけません。通常は状況でパイプは大中小の3種類のサイズの選択可があって、しかしハンスはとモデル大きいサイズしかありません。毎回一時間半引き出すのがとどまらないのであるべきです。

バッハのヒョウタンの闘ったのが鉢を闘うのはとからだを闘う緩めるのが協力してで、一定傾斜度の密閉する気室に頼って、ベトナムが気密性を引き出すのはもっと良いです。通常のちょうど手に入れたのが新しく闘って2部位間にどのくらい隙間があって、相当をおさえてはいけないだけでなく、後続空爆は消えてなくなってまだ1時(点)を落として口を闘って開始の密閉する状態を回復しに来をつぶさなければなりません。その上ヒョウタンは闘って簡単にまだ逆さまにすることができなくて、壊した後にまた配合してまだ1つの来た便利さにもう1度はいるほうがいいようで、ちょうど使うのが悪くなくて、長年の古い阿片用キセルでかわいがって死にを予想します。だから引き出し終わった後に専用支えて冷却を闘いに置いて、その後急速に鉢を闘ってそして灰を一掃するのをとって、粗い紙面で内部を拭きます。

からだを闘うのは比較して言うとそんなに精密ではなくて高くて、1つの四半期一回きちんと整理するだけを必要とします:乾燥しているのが状況で脱脂綿を使うに少量の医療用のアルコールを取って何度も何度(か)拭きをつけるのが良いです。ヘチマ(の実)の筋で気室に入って引き出して使ったのを設置すると言って、具体的な効果が不詳です;からだを闘ってと祭の中間を闘う1節(つ)が極端なことがあって、しかしからだを闘いからはずしてはいけなくて、きちんと整理する時火かき棒を使うのが良いのでさえすれ(あれ)ば。

聞いたところ日常の看護がとても大変ですではありませんか?男のシンボル的なアクセサリーなると、腕時計のかえって良い保養少し、誠実で駄目にまた(まだ)専門のメンテナンス機関に大きい一そろいに来を任せることができます。これはすぐとても良い釈明したのはどうして普通はパイプの男の性格がしかも事をする落ち着く原因が大部分が偏っていて静かなことが好きで、性質に耐えられてやっと得る資格があるのが最も良かったです。

パイプの男をくわえているに比べて更に範が起きることができるのは何もありません