チップの厚さ:1.95ミリメートル
2014年にブルガリの第1回は超薄のチップでとても複雑な機能の作品の中で挑戦して、以前の技術を突破して挑戦して、厚さ1.95ミリメートルだけの超薄の手動で鎖に行く陀はずみ車のチップを創作しだします。

ブルガリOctoFinissimoシリーズは手動で陀はずみ車の腕時計に行って、プラチナの金の超薄は殻を表して、直径の40ミリメートル、BVL268超薄を搭載して手動で鎖の飛行する陀はずみ車のチップ(厚さの1.95ミリメートル)に行って、動力は52時間貯蓄して、しきりに3ヘルツ奮い立って、防水は30メートルに達することができます。

ブルガリBVL268陀はずみ車のチップは飛行する陀はずみ車の設計を選んで、更に円周の駆動方式の中で優位を発揮することができて、陀はずみ車の骨組みの最も周りで、ボール・ベアリングがもともと中心軸の下の駆動の歯車、厚さ上でまた下げて、飛行して陀はずみ車装置特に分銅の置いたのブランド時計コピーが並べるで設計に順番に当たることができるのに取って代わる、プロペラの形の骨組みによく合う外、またを全体のチップの美学の上でにして輝きを増します。

ブルガリOctoFinissimoシリーズは手動で陀はずみ車の腕時計に行って、分銅の置いたのが並べるために設計に順番に当たります。

モデルを表すのが正面だから私達は明らかなのが全体の飛行陀はずみ車の運営まで(に)観賞することができて、その上豊富な設計、必ずたくさんの部品の体積の超薄のチップを省かなければならないをの譲って、鑑賞する特徴をも更に備えます。この1枚の手動で鎖に行く飛行陀はずみ車のチップ、以前はと手動の超薄BVL128チップは全て3ヘルツで、薄い度は手動の上で鎖のチップが更に薄い上に0.4ミリメートルに比べて、しかし動力は52時間に達して、超薄の複雑な腕時計の中の極めて優秀な人でした。

ブルガリの厚さ1.95ミリメートルだけのBVL268超薄は手動で鎖の飛行する陀はずみ車のチップに行って、透明な底からチップのが観察からわかってかすを除いて精髄を取りをかぶせてしかもシンプルで洗練されています。

ブルガリの超薄は手動で鎖陀はずみ車の腕時計に行きます