ジャガー・ルクルトの創立している初めも1つの家族性の表を作成する労働者の坊で、アントニウス・(AntoineLeCoultre)先生を脱いで1833年に自分の表を作成する労働者の坊を創設したのロレックススーパーコピーを試験するのを引き延ばして、そして“歯車がとても時計の魂だ”の道理に精通して、そのため、彼の作った歯車の部品の品質もとてもすばらしくて、評判はすぐスイスの時計界の中で開戦しました。

1866年、本来は小さい規模の労働者の仕事場はなんじの谷間の第一の専門時計工場になって、アントニウス・自分の息子を脱いでと工場の皆さんの才気をいっしょに凝集するのを試験するのを引き延ばして、完成してその時半分機械化の方法で複雑なチップの初歩的な試みを作りました。1900年、アントニウス・脱ぐ子孫のジャーク-デビッド・を試験して試験して特に一族の事業を引き継いで担当するのを彫りを引き延ばして、彼は更に1歩進めてジャガー・ルクルトを全世界に推し進めます。

1903年、1人のパリからのフランス海軍の専属の時計師のAdeと蒙・耶格(ジャガー・ルクルト)は独占的な超薄のチップ設計を持っていて、来るスイスは作る能力があるメーカーを探します。その時LeCoultre&Cie時計工場の中で制造部門の時計工場LeCoultreがこの挑戦を受けたのを担当しました。彼とAdeと蒙・耶格は互いを評価すると言うことができて、2人はいっしょに時計の史の上に最も巧みで完璧な超薄のシリーズの中の一つを製造しだして、2人の協力で隔たり(途切れ)がない関係は最後に今の私達の見たジャガー・ルクルトのブランド(Jaeger―LeCoultre)の誕生に助力しました。

ジャガー・ルクルトの創立している初めも1つの家族性の表を作成する労働者の坊で