時計の業界を言い出して、スイスはずっとしっかりと市場第1の玉座を占めていて、しかし最新のデータから見に来て、昔の世界の巨人は坂を下っています。スイス時計連合会の発表するデータによって表示して、スイスの腕時計の5月の輸出額は同時期と比べて9.7%下落して、損失額は16億スイスフランの(約人民元の110億元)に達します。聞くところによると、今年のスイスの時計の輸出額すでに5ヶ月連続して出現の下落する状況、すでに2012年のレベルより低かったです。

香港はスイス全世界の最大の出口の市場でことがあって、今のところも16ヶ月連続しての下がる苦境を抜け出せないで、下落幅は更に16.8%に達します。ずっとしっかり見られた米国市場、4ヶ月連続しての上昇の形勢にも止まって、そして2.1%下落する傾向があります。ヨーロッパ市場の振る舞いは更に耐えられないで、イタリアとフランスの輸出額はそれぞれ20.9%と18.4%に下がって、唯一喜びに値するのスーパーコピー時計がイギリス市場で、大きい環境の影響下でなんとまた(まだ)ある程度2.5%のためただ暖かいだけ、下落幅に帰ります。日本市場は中国の観光客が温度を下げるのに従って、11.9%のをも迎えて暴落して、取り上げる価値があったのは、大陸の市場はすでにみごとにスイスを絞り出すに表されて市場の5玉座を輸出して前、さすがに私達は経験して4月の暴落して(下落幅が36%に達する)、一定時間を要するのをの返しに帰りたいならば。

多い材質の腕時計の中で、貴金属の腕時計の輸出額の下落幅が最高で、23.6%に達して、全体の輸出額に対してとても大きい影響をもたらして、少しも疑問がない貴金属は全体の腕時計の業界の非難の的になりました。それ以外に、鋼の腕時計の輸出量も楽観を許さないで、下落幅は9.1%です。

出口の価格の方面で、500~3000スイスフランの(人民元の3452~20716)の腕時計は表現するのは比較的安定的で、下落する兆しは明らかにただ2.4%のためだけ。価格は200スイスフランの(約人民元の1381元)の腕時計より低くてある程度好転を表現して、輸出額は同時期と比べて5.5%下がります。下落幅の最大は価格の200~500スイスフランの(人民元の1381~3452元)での腕時計に属して、輸出額は下落して16.8%に達して、売価の3000スイスフランの(人民元の20716元の)以上での腕時計は同病相哀れむで、下落幅は14.6%です。

スイスの時計は各大きな市場の境遇にあります