51年前の7月、アポロンの11号(日)の宇宙飛行士は人類の月に足を踏み入れる第1歩に踏み出しました。その時、宇宙飛行士のつけたのは正に321チップのオメガ(OMEGA)を搭載してとても腕時計を奪い取るで、この評判の遠近のすばらしいチップは人類が月の長い旅路を探りに伴って、一段のごとに宇宙を征服する伝奇的な歴史を目撃証言しました。

オメガはその専門の表を作成する技術で精密で正確にもう1度321チップを刻んで、そして新しくでとてもシリーズの月を奪い取って321の精密な鋼のモデルの中で表であることを搭載します。321チップの強い勢いは公表している初めを復帰して、無数な超に愛好者のを奪い取って頭を上げて待ち望むように引き起こしました。今のところ、とてもシリーズの月を奪い取って321の精密な鋼のモデルを表ですでに正式にブランドのフラッグシップショップをログインしました。

とてもシリーズの月を奪い取って321の精密な鋼の霊感を表で第3世代源を発してとても腕時計を奪い取ります。第3世代はとても腕時計を奪い取ってNASAの苛酷なテストを通して、そのすべての人を載せる飛行の任務のになって唯一腕時計が装備するのを指定して、そして1965年に宇宙飛行士のエドワード・ホワイト(Ed White)に付き添って“宇宙が漫歩する”の任務を実行します。新しくとてもシリーズの月を奪い取るのが321の精密な鋼のモデルを表で殻を表す39.7ミリメートルで、小屋を表して黒色のから酸化ジルコニウムの陶磁器を売り払って製造して、装飾は白色のエナメルのスピードを測る目盛りがあります。小屋のスピードを測る目盛りを表して設置されていて初期とても時計のシンボル的な“Dotover 90”を奪い取ります。黒色の“階段式”の時計の文字盤はすばらしいとてもによく合って月を奪い取ってポインターを表して、そして扮してヴィンテージ風のオメガのブランドマークがあります。

新しくとてもシリーズの月を奪い取って321の精密な鋼のモデルを表で敬意を表して人類月偉大な過程に登って、その内部の搭載する321チップは更に全世界の腕時計の愛好者と宇宙の謎の絶大な支持と愛顧を受けます。手首を通して辺鄙なサファイアのガラスを説明して、一心にこの伝奇を鑑賞して月のチップの巧みで完璧な技術と運行する美しい態に登ることができます。

精密だ必ず原状に復する321原版のために月のチップに登って、オメガは時の2年つぶして、大量の研究を行ってともう1度仕事を刻んで、コンピューター断層撮影の現像技術を運用してアポロンを研究して1972年に17号(日)宇宙飛行士のユージーン・塞爾南(Eugene“Gene”Cernan)が登っていて月任務の中つけたとてもが腕時計のチップを奪い取ります。

オメガの全く新しい321のチップが精密で必ず原版のチップの構造を再現して、すべての部品の組み立てはすべてオメガの特に設ける321チップの労働者の仕事場の中で完成します。腕時計の愛好者にとって、1匹が全く新しい321のチップのとてもを搭載して月を奪い取って表しを持って、きっと敬意を表して人類が偉大で月の業績のに登って2のが選ばないのです。

敬意を表して人類登月伝奇オメガがとてもシリーズの月を奪い取って321の精密な鋼のモデルを表