“春の海、1日中揺れ動いていて、揺れ動いています。”

今年のハンカチの瑪の強い尼もう一つのただ“花を有名なにする”の設計だけ、この全世界のシリーズToric Fleur腕時計で、造型設計が上述に比べて女性をよくわきまえていて表す更に優雅で清浄で、この腕時計の設計の霊感は日本の文化の“花が会う”のこの花見をする習わしに生まれて、中間を表して幼い菊の種類が設置されていて、またやさしい白色の真珠のバイモの時計の文字盤で際立たせて、とりわけすばらしくて、たいへん優雅なひとつだけ持っている女性につけるように適合します。

2モデルの腕時計は同様に幼い菊の図案が設置されていますが、しかし図の中でこの腕時計の中間の花卉は金の質のレースでスケッチするで、細かくて薄いバラの金板で製造して、すっかり理解して華麗で、派手できらきらと美しいです。

ハンカチの瑪の強い尼の全世界のシリーズToric Fleur腕時計