実はHONGKONGがまだBEIJINGなのにも関わらず、もちろん値打ちがあり喜んで、しかし私達は大きく脳の穴はとても大きい必要はないことができて、あれらの政治の原因を考慮します。私はその中の更に重要なのがまだ市場の関係だと思って、HONGKONGからBEIJINGを復帰して、これは中国内陸の市場がだんだん影響力がありを意味して、だんだん重視を受けて、この点は多くの人がすべて感じることができるのを信じます。更に言って、決してパテック・フィリップしかなくなくて、今の大部分の商標の世界の時に腕時計、東八区都市はすべて香港です。私達は信じる理由があって、パテック・フィリップを継いだ後に、東八区都市HONGKONGをBEIJINGに変える多くのブランドがあります。

パテック・フィリップが圏内を表しているがのが10周年、しかし実際には今年もただパテック・フィリップの北京源の邸だけを分かっていない人はいないのが分からない人はいないのと言えます。多くのブランドと比較して、それが中国の時間に入るのは本当に短すぎます。多くの人はすべて知っていて、パテック・フィリップ2005年から中国にある長い旅路、しかしあなたは恐らくを知らないで、パテック・フィリップは1885年で上海の一つの名前を“米しるし”と言う洋行(その時外国会社が“洋行”と称させられた)を通じて(通って)中国に売って表しました。パテック・フィリップの創始者Antoine―NorbertdePatek記録中で、1863年8月30日、Patekは書きます:“Müllerは上海の最も傑出している時計商です……彼の名前は明らかにドイツの文で、Müllerの名前はよくパテック・フィリップ会社の記録中で現れます……Mラllerは25近く年中にすべて1人のとても活発な取引先で、19世紀の80年代の末至ります。Mラllerはいつも品質のきわめて高いのを買って複雑な機能あるいは精密な時間単位の計算の表す品物に付いています……”こちらのMüllerは正に“米しるし”正に(正に“正にですH.Müller&Co”)会社の店主。

そのためパテック・フィリップと上海は深い源を持っていて、だからパテック・フィリップの中国での長い旅路は上海からです。パテック・フィリップの世界の時に腕時計の上で、代表の東八区時間の都市は北京と香港以外、さらに上海SHANGHAIに会います。紀念パテック・フィリップの上海源の邸のため2012年にあって、パテック・フィリップは更に1つの特殊なバージョンの5130を出して、東八区都市はSHANGHAIで、かつ上海を表示するのが赤いです。1枚1940年特に1つの米国の医者の注文して作らせたのが時間単位の計算(脈拍計)の1415―1HUに付いているためもあって、上の東八区も標的はSHANGHAIです。

パテック・フィリップの世界の配置が厳格で、盤面ははっきりしていて明瞭で、広げるのが広くて、更に重要なのはその操作の知能が手っ取り早くてで、チップは更に長期の試練を経ます。世界の時表す鼻祖として、パテック・フィリップの世界の時に世に並ぶものロレックスコピーがなくないそうではなくて、文才に優れたとも言うことができます。

パテック・フィリップの世界の時に世に並ぶものがなくないそうではなくて