Carrera1語、中国語はアカザを押さえて或いは雷を押さえて引き延ばしを引き延ばしを直訳して、それは欧州の言語の中で多種の意味を持って、たとえば道、競技用の自転車、職業と路線などようで、前世紀の初期にこの語はその時の一つの伝奇的な自動車の試合を代表していて、汎米のロードレースCarreraPanamericana、それは世界の最も危険なロードレースだと誉められて、この試合は源を発して全体のアメリカ大陸の道路システムを貫いて、美しい道路が現れて、北はアラスカの南が起きてフエゴ島に着いて、全長は48、000のキロメートルを誘います。1950年に汎米の高速道路のメキシコの道路が作り上げるのに従って、そこでメキシコ政府はすぐに一つが9つの試合段を持って、5―7日のようやく完成することができる試合に続かなければならないをの創立して、つまり汎米のロードレース、メキシコから汎米の高速道路の1スタートに試合して、道路の終点に至って、最高長官の3300キロメートル、メキシコ政府は強情で試合の目的を出して、メキシコの如実な普及を全世界にこの道路に助けを借ります。

どうしても言わなければならなくて、メキシコ政府のこのふるまいは非常に成功して、その時時任HOYAの最高経営責任者のジャック・HOYAJackHeuer、聞いたことはこの一つの伝奇的な自動車の試合に着いて、彼はこれに対して興味が発生して、Carreraがアカザを押さえるのが引き延ばす1新しい時計算する完璧な名称であるでしょうをも意識して、HOYAはそこでアカザを押さえてシリーズの時間単位の計算を引き延ばして時計を積み重ねる出して、信頼できる性能と優雅な外観に頼って、アカザを押さえて腕時計を引き延ばしても時間単位の計算の番号の腕時計の発展史の上で濃厚な1筆を残しました。

元来自動車の領域の特に優秀なるものメンズファッション通販のポルシェで、この世界に名をとどろかしたロードレースに参加する時、ドイツの運転手HansHermannの運転する550型の自動車から1953年の小型車のランクのチャンピオンを勝ち取りました。あとでポルシェは70年代第二世代の911略称の930を出しを出した後で、独特な名称で定義の型番に来たくて、便は一般的で美しいロードレースの中から霊感をくみ取ってCarrera1語を使って、設計者はCarrera1語を使って定義の車のモデルの信頼度と高性能に来て、この時からCarreraが雷を押さえて引き延ばす911車のモデルの中の魂になったと言うことができます。取り上げる価値があるのポルシェの4つの車のモデルのハンカチが梅を引き延ばして引き延ばすので、このロードレースの名称Panamericana1語から進展変化して来るです。

タイ格HOYAとポルシェはに革新と競技用の自転車をしを核心ブランドの遺伝子にして連結して、正式の官の宣協力のパートナー関係、過去の数十年の中で2つのブランドもずっと密接な関係を持っています。

タイ格HOYAとポルシェはに革新と競技用の自転車をしを核心ブランドの遺伝子にして連結して