去年、シャネルは3つJ12の20周年祭の生むJ12腕時計だけのために出しました。その中、J12 X-RAYはX線を霊感にして、透明な設計は色の境を越えます。今年、シャネルは全く新しいJ12 XRAY ELECTRO腕時計にCALIBER3.1を搭載したように出しました。

殻、時計の文字盤、チップの添え板と腕時計のバンドを説明して皆サファイアの水晶から製造するべきで、1枚のモジュールはすべてひとつの完全なサファイアの水晶から加工を切断してなって、質感は清浄ですっかり理解します。

J12X-RAY腕時計はCalibre 3.1チップを搭載して、12粒のカラーの長い階段型を付けてあってサファイアを切断する時表示します。本来は閉じ込めるダイヤモンドを表すに象眼して、スペクトル色の58粒のサファイアを構成するから取って代わって、きらきら光って貴重で、色の漸進的変化の時にとお互いに呼応を表示します。それ以外に、このシリーズは制限して12発売して、腕時計ごとに独立が通し番号あります。

全く新しいCHANEL ELECTRO腕時計はJ12シリーズの進む版であるようで、それはいっそう言いふらして、同じく更に現すのブランドファッションコピーが独特です。ブランドが技の普通な芸術品をまぶしく刺して展示するのであるようで、それが私達にJを12教えるのはただ黒くて白いだけではなくて、それはカラーのであることができるで、しかし一定は更にまばゆいの、普通ではない彩りです。

全く新しいCHANEL ELECTRO腕時計はJ12シリーズの進む版であるようで