今年のモナコのシリーズの全く新しい腕時計の作品――モナコのシリーズの緑の皿の制限する腕時計(型番:CBL2116.FC6497)、今年タイ格HOYAはモナコの骨董の車試合の公式スポンサーを担当して、この腕時計便はこの試合設計だけのために製造したので、制限して500発行します。

この腕時計の最大の設計の特色便はその緑色の盤面の様式にあるので、今年各家は次から次へと“緑だ”を争いますが、しかしこの“こするのが緑だ”はとりわけ異なって、それは豊富な青緑色の色調を採用して漸進的変化の効果を結び付けて、独特な深い感が現れて、このロレックススーパーコピー設計もモナコの大賞と途中の港の側で減速して前方の有名な試合段を曲げてたいへん当てはまりを競います。

チップの方面で、この腕時計はタイ格HOYACalibreHeuer02を搭載してチップを自製して、つまり以前常に言う“80チップ”。このチップはブランドのから自主的に研究開発したので、最大のよいところは以前の時間単位の計算のチップに比べて更に細かくて薄くてで、Heuer02チップの厚さはただ6.95ミリメートルの(Heuer01:7.30ミリメートル)のためだけ、大いにつけたのを高めたのが快適で適度で、そしてこの細かくて薄い設計上で車輪を並べて奮い立ってしきりに4ヘルツの(28800回/時間)に達することができて、その動力がアップグレードを貯蓄して着く80時間運営するのを続けることができます。

その外、このチップはまた(まだ)垂直の別れと出会い装置、ガイドポストの車輪を配備して、時間単位の計算のモジュールを更になめらかにつるつるなのの、時間単位の計算の動力をそろえて穏やかに順次伝えるのに運行させて、時間単位の計算の秒針も更に精密で正確であるで、同じクラスその他のブランドの時間単位の計算に比べてモデルを表して全く見劣りしません。

 

今年のモナコの全く新しい作品:特殊な“こするのが緑だ”