疫病発生の情況にかんがみて絶えず米国、EUなどの地区を拡散して次から次へと鎖国する政策を実施するのを始めて、至って今日各地も次第にその蘇りのために準備して、今回のニューヨーク市長Bill de Blasio少し早い正式は7月1日前に企業で全面的に始まりを改めて営業するのを宣言して、公立学校も9月前にで学生をキャンパスに戻らせを計画して、多いシンボル的な場所でCitiField、米国歴史博物館など全てすでに開放的な接種するワクチンのサービスのようで、それによって過程をワクチン接種であることを加速します。

ニューヨーク市長Bill deBlasio:「私達の計画は店に再起動させて、企業のために開業して準備しておいて、同様に事務室と劇場に適用して、現在までのロレックススーパーコピーところ、ニューヨーク市のは人数をワクチン接種ですでに驚異的な630万人に達して、私達は今自信があって、多種の方法で生活本当に向こうへ行く正しい軌道の上に帰って、人々はここで1つのすばらしい夏を過ごすことができて、専属のニューヨーク市の夏であるでしょう。」

彼は補充して言います:「ニューヨーク市のたくさんの活力あふれた文化産業は時間が月の休業するのを数える中からゆっくりと回復するのが必要なのを、特にブロードウェイのパフォーマンスは作り出して時間が必要で、彼らが改めて必ず全体の作業手順を編成しなければならないため、私のとても喜ぶ未来にの7、8の月は比較的小型の公演を見ることができます。」

ニューヨーク市長は7月の1に先日改めて開放的な計画をスタートさせるのを宣言します