どうしてここでまた(まだ)多く自分で作るチップに着くと言って、フォーラムをぶらぶらするため時にみんなが自分で作るチップに対してやはり(それとも)とてもイタリアのにありを発見します。実は以前ブランドはすべて通用するチップを使ったことがあるので、いいでしょうか?しかし発展に従って、多くのスーパーコピー時計 NOOBブランドはすべて自分でチップをやって行って、もしもまた(まだ)通用するチップを使って、みんなの非難にどれだけの会を肯定して、過度に非難すべきほどでもなくて、全く理解することができます。

ブランドは自主的に研究開発してチップを生産したくて、1件の容易な事ではなくて、これは生産するコストを増加するのを意味して、しかしこのと同時に、ブランドはもうひじを人につくられることができなくて、ブランドの価値を高めます。自分で作るチップはトップクラスの腕時計のブランドにとって、絶対にボーナスポイントの項です。

自分で作るチップ、もうひじを人につくりありません