ブレゲメアリー・アントワネットトップ複雑No.160懐中時計。この指伝説めいた懐中時計は、フランス皇後メアリー・アントワネットのなぞ傾慕者を惜しまないお金と時間の予算の代償にわざわざブレゲさんがカスタマイズ。このカスタムの懐中時計は当時の最も複雑な機能が1体の時計の作品になって、其時にすでにあるすべての時計機能を含む。好きな人を贈るために、最もトップクラスの製表大師が創造する最も複雑な時計作品、才能を一緻することができて、後の世界の美貌、方は佳人の賞を獲得し、愛を訴えることができます……しかし殘念なのは、マリー・アントワネットとは無縁のこの優れプレゼント、その完成前に美女が死ぬ。その後、その懐中時計の歴史も霧に包まれ:盗まれた後にはエルサレム博物館に戻って、今静かに凝縮の時間に静かになっている。http://www.jpwatchhome.site/
ブレゲと伝承絶えない愛の物語は、時計の音が語ら。ナポレオン皇帝の一生を愛する――フランス帝国皇後ジョセフィンにブレゲさんカスタム1枚ブレゲタッチ表、番号No.611。当時の貴族礼儀繁雑で、宴会に見る時間は件の主人に失礼極まりないこと、天才ブレゲ時計職人さんが発明を製造したタッチ懐中時計、皇室の貴族の子弟に触れ懐中時計すなわち可知今時間。その後ジョセフィン皇後を贈るその愛娘――オランダ王妃奥タン糸•徳・博アルネ。希望す他国の娘を守ることが宮廷礼儀の同僚にも自分の愛する物を贈る娘、解ホームシックに愁。ジョセフィン皇後の大きなダイヤモンドを買い替えた元の装飾のダイヤモンドをちりばめたケースに持っている王冠のアルファベット「H」、つまり奥タン糸王妃は名前の字母をかぶって、同時にクラウンの「H」を象徴したオランダ王妃の地位。このような寓意の寓意の懐中時計、1人の母の愛娘の関心の情を寄せて。

ブレゲ時計と伝承絶えない愛の物語は、時計の音が語ら。