私は通常各位と陀はずみ車を言わないで、陀はずみ車がすべてとても高いため、ふだん陀はずみ車のプレーヤーに接触して、どんな実際の意味でないがまたとても少ない。しかし、ただタイ格HOYAがアカザを押さえて02T陀はずみ車を引き延ばしを出す時、私は書いたことがあってことがあって、アカザを押さえるのが02Tを引き延ばすスイスの主流名が表す中に、最も安い陀はずみ車ためです。最近、私はついにアカザを押さえて02T陀のはずみ車の真理値表を引き延ばしに会いました。

 

タイ格HOYAの新作はアカザを押さえて02T陀はずみ車を引き延ばして、公価格の155700、1匹の自動上弦、時間単位の計算陀はずみ車(別に公の価格の13万のバージョンがある)です。15万の公の価格、言うことができて、多くの金の殻の大きい3針に比べてまた(まだ)いくつか安くなります。たとえば、オメガの金の殻のゴムバンドの星座の8901、公価格の17万余り;バセロン・コンスタンチンの金の殻の大きい3針の85180、公価格の22万余り。価格はすべてこのロレックス時計コピー陀はずみ車を上回りました。

 

諺によると、安いものによい品はなくて、よい品は安くありません。恐らく聞くプレーヤーがあって、このタイ格HOYA陀はずみ車のこんなに安い(普通陀はずみ車が言いを比較する)、効き目がないではありませんか。率直で誠意があったのは言って、私は重点的にこの陀はずみ車を言って、みんなにすべて陀はずみ車を買いに行くように別に推薦すると言いなくて、さすがに陀はずみ車は決してすべてのプレーヤーに適合しありません。かえって、この陀はずみ車は公の価格が最低だけではなくて、その上多くの輝点がまだあります。

スイス名は“最も安い”の陀はずみ車を表して、性能は意外にも“3強”に位置します