情報によって、ロレックスの設計部門、設計して時計をあける時、以下の何時に関心を持ちます。何を使って(四角いドリルのやはり(それとも)丸いドリル)を切断します;ラインストーンは技術に対して配置して影響が生じることはできません;ラインストーンは腕時計のシリーズのロレックス時計コピーシンボル的な特徴に対して影響が生じることはできません;最後に宝石の種類を確定して、どんな宝石それともダイヤモンドを使います。ダイヤモンドに達するために最大の最もよける反射光の効果、ダイヤモンドごとにすべてそれぞれに最も適合する位置まで(に)象眼するのです。ロレックスのカスミソウの盤面、3000が小さくあけるのを含んで、小さくそれぞれをあけるのがすべて単独で象眼したのです。ロレックスのあける時計、宝は時計に扮して、心からの素質が高くて、美しいです。

常規の型番のロレックスの上で、主にダイヤモンドを使う時(俗称の“ドリルが刻む”)を表示します。ロレックスのダイヤモンドの時に表示して主に2種類あって、“かばんのドリル”で、“1本のドリル”です。

ドリルを包むのは頼む1つの四角形の金があるで、金で1粒の円を埋め込みしてあけるのを頼みます。最も多いのを使うのはDJ日誌型で、この以外、36ミリメートルのDD日曜日で経過して、導いて取ってを通します。

条はあけて、長方形のダイヤモンドです。1本のドリルは最も新世代のロレックスの上で、初め広範に普及させたのは新しくあけて刻んで、主に40ミリメートルのDD日曜日でと新しいバージョンが導いて通して取りを経過するのを使います。ロレックスの条を向こうへ行ってあける時表示して、普通にただ用いて9時に、6つけるだけ、今新しい条があける時表示して、時計の文字盤すべての時文章記号の人はすべて(除くカレンダーの窓の位置がある)を使います。新しい条があける時表示して、ロレックスの新しく古い1つの標識を識別するで、盤面がすべて条がいったんあけるのを見たら時表示して、判断するこれ1匹の新作DDあるいは導く通す持つ(指す売りますモデルの中で、比較的新しいバージョン)。

ロレックスは複雑な時計をしないため、ラインストーン、宝石に頼って(寄りかかって)価値を高めなければなりません