モンブランは時間行者のシリーズPythagoreとても軽い概念の腕時計は新作モンブランを搭載して手動で鎖MBM62.48チップに行って、しかし時計の針、分針と小さい秒針のために50時間の動力を提供して貯蓄します。チップ設計の霊感はクラシックの米に源を発して華Pythagoreチップに耐えて、まっすぐな板橋の形を採用して、ピタゴラスの黄金分割の割合の原理に従います。ピタゴラスは発見して、小さい整数は美感を作ることができるに比べて、このような割合を採用して完璧なのを創造するのが調和がとれていることができます。モンブランMBM62.48チップが現代設計で1943年生の産するすばらしい米に対して華のチップに耐えて改めて解釈を行います。このCLAS(2,3)の現代の風格に富を極めるチップは製作の材料と加工技術の上で行って全面的に改めて設計します。サイドオープンのチップのメインボードと5つの板橋は皆チタン金属を採用して製造して、チップが丈夫で長持ちするのを確保する同時に、極致を求めるのがしなやかです。チップの橋板はシルクと粒を採用して手渡して処理に代わって、立体の3次元の効果の独特でつやがある影がありを現して、その他の部品は手作業の面取り、光沢加工とシルク処理を採用して、製造しだして現代思うとてもしなやかなチップに富を極めて、重さはただ4.73グラムのためだけ、伝統の美学を未来に引いて、だから世界のバドミントン名に雄をとなえるに向って、モンブランのブランドの大使の林丹を敬意を表します。

チップの米は近代的でしなやかです