死闘するのは私達の聞き慣れていて詳しく説明できる1つの成語で、それの比喩の双方は力が伯仲していて、常に闘争あるいは競技が非常に激烈で緊張するのを形容します。漢・班強く《客の劇に答える》に出ます:“そこで7の勇ましい虓カン、諸夏に分裂して、竜戦虎は争います。”要点は戦国の時期の7の勇ましい割拠を指して、中原に分裂して、互いにけんかする巨視的なシーン。成語は中国の歴史が長い文化の一大の特色で、みんなは全て言って、なる言葉で。それらはよく古代に古典的著作、歴史のストーリあるいは民間が抜きんでてかぐように代表しています。

成語の中で、伝承したのは中国の古典の文化だけではなくて、更に深く昔不変の時間の言葉隠れています。ジャークの独ルーマニアは竜とトラの2つの学部のリストのモデルで時計の文字盤で上映して引き出して1度の“死闘する”、だから敬意を表します東方の古典の文化。

ジャークの独ルーマニアの時計の文字盤の上は死闘します