1両手を通して、あなたは一人のすべてを見ることができました。

もしも手は怠けて、劇の中ですべて知っています。

意図のためによい芝居を演じて、私の手は学んだことがあって将棋(碁)をして、潜水します、甚だしきに至っては拳術と技量。

役者をするのは1件のおもしろい事で、

私は更に長くて更に豊富な生命を体験することができます。

あなたは聞いて、何が私に駆動しているのですか?

私は言えて、その内心の深い所の自己です。

私は生まれつきの役者ではなくて、私のストーリ、手で心に到着して、意にかなってい御しました。

市中の広く伝わる張震の訪問が多くなくて、大部分が上映する新しい作品があるのだ時手配して、内容はほかでもなく雑談して過程を撮影するので、どのように役を推察して、かんですでにまで(に)材料の掘ることができる古いうわさがありません。同じくそのため、すべての取材、いつも“ボスを学ぶ”で始まるとしてを始めますと、張震を盛んに褒め称えるのはどのように1つの役のためにどんなすごい新しい技能を学んだのです。張震、ただ淡く微かで、1筋のほほえみがあって、重量挙げはもし軽く答えます:“単純に興味を持って、多い1つの技能もいいことができます。” 彼のが薄くて必ずとなしは争って、これでたばこののぼせの芸能界を満たしてどこにも置きないようで、そのためにデビューして20年余りの彼を上回って、人に自慢げに話させる作品と役以外、その他がなくないでください。

今回、彼はカルティエのを受けて招いて、小さい映画《手》の中で第1回“演じる”自分、両手を使って1度の相手をない内心の劇を演じて、私達にこちらの神秘的な男性の神の内心世界をのぞかせますと。

この両手を通して、あなたは私のすべてを見ることができました