18K金は殻を表して、小屋を表してダイヤモンド、直径の42ミリメートルを象眼します。18K黄金の時計の文字盤、22K金の金属玉の粒の技術、貝殻細工の技術、エナメルの技術に解け合います。自動機械的なチップ、ワニの皮バンド、独立して通し番号、40制限します。

蘭はカルティエの重要な標識のイメージの中の一つ、このカルティエの蘭の腕時計の融合カルティエの多種の技術です。まずカルティエが古くて革新する金属玉の粒の技術を伝承するのを背景にするので、また天然の真珠の雌の貝で蘭のイメージを彫刻しだして、そして金属玉の粒で飾って、最後の蘭の花蕊は赤色のエナメルでベーキングなります。3つの蘭、3種類のトップクラスの技術と言えます。

腕時計の装飾の技術の中で、古く伝承して下りてくるの、よくあるエナメル、彫刻、小さい会などの伝統の技術を除いて、いくつかが表を作成する業の発展に従いがまだあって、満たして意味の技術の形式を革新して、これらの技術が初めて見得を切る時、いつも人に、がはなやかにならせるの技術の大家達のがふと考えが浮かびをと巧みで完璧な技術賛嘆します。同時に、これらは技術を革新しても各家の芸術の創作する唯一の扉の特技になります。

Cartier青い風船のシリーズの蘭の腕時計