ガリレイ博物館(Museo Galileo)はフィレンツェでPalazzo Castellaniに位置して、隣接しているフィレンツェの市政広場(Piazzadella Signoria)と烏菲茲美術館(Uffizi Gallery)、見学者と毎日の道現地の遊の客を通じて(通って)、今連同博物館の大型の日時計がいっしょに鑑賞することができます。フィレンツェの高級な腕時計のブランドの盛んな刺し縫いする海は4年前に決まった責任とでガリレイの後の世まで伝わる遺産の文化機関を保護してパートナー関係を締結して、大型の日時計は盛んな刺し縫いする海の協力してが完成をおりるにもう1度修理します。

盛んな刺し縫いする海の大きな力の支持、2007年の建設、Luise SchnabelとFilippo Camerotaの設計したたいへんきれいな作品をもとの様子を取り戻すだけではなくて、更に日時計の複雑な操作の原理を短編映画に撮影して、ガリレイ博物館のウェブサイトの上で放送します。

盛んな刺し縫いする海2012年から賛助ガリレイ博物館、その年博物館に「ガリレイと時間の測量」を書くコーナーにしてインタラクティブ内容を創作するように協力して、訪問者にこちらのトスカーナの偉大な数学者、科学者と天文学者の研究と発見を理解させて、現代の時計算する機械のために基礎を下へ祭ります。コーナーの内のその中の1つの部屋は盛んな刺し縫いする海の木星計を展示します:この精致で複雑なプラネタリウム、地球を中心にして、リアルタイムですぐ太陽、月と木星の位置と軌道を表示して、そしてガリレイ発見する4粒の回る木星の衛星が現れます。双方はずっとパートナー関係を続けて、盛んな納海更は毎年に出資援助ガリレイ博物館を承諾して、その保存におよび、ガリレイのきんでているのを広めてプロジェクトを伝承するように支持します。

盛んな刺し縫いする海はガリレイ博物館のためにもう1度大型の日時計を修理します