1“葉”は秋1針が“道”のブランパンのサイドオープンの柳の葉針に会いを知っています

ブランパンの透かし彫りの柳の葉針、すぐ風格。針体が柳葉のようだ非常に細くて、透かし彫りで精巧なのは日のようだなって、運行する時飄々としているのはよく動いて、行く雲・流れる水――初出はすぐ心を引かれて、久しく見るのがもっとすばらしいです。

いかなるは美学の上は恒久で感動させて、必ず堅固な技巧と唯一の扉の掟に源を発します。それによって本当に“天下の第1針”のだと誉めて、技術の精度(磨き上げて、サイドオープン)に対してブランパンで、材質を積載して、甚だしきに至っては時計の文字盤の形の秘密は厳しすぎる要求をします。“第1”は“けちをつける”から源を発して、更にそれ個性をひとつだけ持っています。

形が美しくて、技術の精巧を極めているポインターは少数で、気性が鮮明で、人の目を通す忘れ難いサイドオープンの柳の葉針をさせて、方はトップクラスを語ります。

天下の第1針:ブランパンの透かし彫りの柳の葉針