HÉRITAGEシリーズの出す第一モデルの複雑な機能の腕時計の5497外観が地味で、時計の文字盤は丸くない真珠を採用して模様を彫刻して扮して、モデルを表すために1筋の復古を加えるのがとさっぱりしていて上品です。この時計算する自身は精巧で美しい設計を傲慢だにします:両軸の弧面はもっと良く計略に似合って、このシリーズの特色として殻を表して、ブレゲの表を作成する職人と技師の長い間続く挑戦になります。この巧みで完璧な技術の製造してなる両弧面は同様に運用に時計の文字盤の上をさせられるまで(に)。

セイコーの密偵のは銀色の金の質の時計の文字盤の上でめっきして、陀はずみ車の初めは現在高く険しくて、美学の細部は一望ですべて見渡せて、時計算する技術の特徴を明らかに示します。時間輪は通って心をこめて切断して、一層のしなやかなレースのようだ手作業の彫り刻む弧面の時計の文字盤上ではおります。一体の彫り刻んでなるこのローマ数字の突き出ている辺のレース、へりと精巧にいっしょに似合って、腕時計の構造の段階を強化して思います。陀はずみ車は枠を覆っても頭角をあらわして、6時の位置になる時表示します。ブレゲの187型の基礎のチップは改良を経て、もっと良い満足の時計算する厳しい要求。父のためにこのような1モデルの内容を選んで深い時計算して、ちょうど父の全体のエリートの腕利きな風格によく合います。

ブレゲはシリーズを伝承しますHÉRITAGE 5497 GRANDE COMPLICATION TOURBILLON腕時計